チェーンステッチ刺繍の縫い方!簡単なやり方で身の周りに刺繍のポイントを❤

刺繍の中でもかわいい仕上がりになることで人気の「チェーンステッチ」の縫い方をご紹介します。

一度手順を覚えてしまえば、あっという間に刺繍を施すことができるようになります。

手順もとっても簡単なので、初めて刺繍をする方にもおすすめですよ。

縫い方に続いてアレンジの方法も掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください♪

チェーンステッチとは?

その名の通りチェーン、すなわち鎖のような縫い目になる刺繍です。

刺繍の基本的なステッチなので、正しいやり方を知っておきたいものですね。

チェーンステッチは、線で文字を刺したり、イラストを刺したりするときはもちろん、面を埋めるときにも使える刺繍です。

かわいい仕上がり♪チェーンステッチ刺繍の縫い方【簡単なやり方】

材料・用意するもの

チェーンステッチ刺繍の縫い方【材料】

  • ステッチする布
  • 刺繡糸
  • チャコペン
  • 刺繍針

チェーンステッチ刺繍の縫い方【簡単なやり方】

STEP.1
チャコペンでガイドラインとなる線を描きます。
チェーンステッチ刺繍の縫い方【簡単なやり方1】
STEP.2
糸を通した針を布の下から刺します。
チェーンステッチ刺繍の縫い方【簡単なやり方2】
STEP.3
2で刺したところと同じところに針を刺し、布をすくいます。
チェーンステッチ刺繍の縫い方【簡単なやり方3】
STEP.4
針の先端に糸をかけて輪を作ります。
チェーンステッチ刺繍の縫い方【簡単なやり方4】
STEP.5
指で押さえながら針を抜きます。
チェーンステッチ刺繍の縫い方【簡単なやり方5】
STEP.6
同じ要領で、輪を作っていきチェーンを連ねていきます。
チェーンステッチ刺繍の縫い方【簡単なやり方6】
STEP.7
縫い終わりは、近距離に刺して裏側で玉止めをします。
チェーンステッチ刺繍の縫い方【簡単なやり方7】

チェーンステッチ刺繍を綺麗な仕上がりにするコツ

チェーンステッチ刺繍の縫い方【コツ1】

↑指で押さえながら針を抜くとき、きつく引っ張ってしまうとチェーンがあまり目立たなくなってしまいます

チェーンステッチ刺繍の縫い方【コツ2】

↑輪の形がよく見えるように少し緩めに引っ張ると、綺麗で可愛らしいチェーンに仕上がりますよ。

いかがですか?

これなら初心者の方でも簡単に刺繍を楽しめると思います♪

チェーンステッチ刺繍で身の周りのものを簡単アレンジ

やり方に慣れてきたら、色々なデザインを刺してみたくなりますよね^^

ここでは特におすすめのアレンジ方法を2つご紹介しますので、そちらも試してみてください。

アレンジ方法1/お花のチェーンステッチをブラウスの襟に

Before
チェーンステッチ刺繍の縫い方【アレンジ1】
After
チェーンステッチ刺繍の縫い方【アレンジ2】

とってもかわいいですよね♡

お子さんのお洋服に施しても喜ばれそう(´艸`*)

チャコペンがつきにくい場合は鉛筆でもいいので、しっかりと下書きをしてから刺繍しましょう

アレンジ方法2/青りんごのワンポイントを白いタオルに

Before
チェーンステッチ刺繍の縫い方【アレンジ3】
After
チェーンステッチ刺繍の縫い方【アレンジ4】

チェーンステッチの良さである「面を埋める」技術を活かしています(^▽^*)

普通のタオルが一気に華やかになりますね。
         

チェーンステッチ刺繍の縫い方まとめ

身の周りのものにちょっと施すだけで、気分もぐんと明るくなる刺繍♪

今回ご紹介した「チェーンステッチ」は、

  • 糸を何本取りにするか
  • チェーンの大きさをどのくらいにするか

等によって、できあがりの雰囲気も変わります

掲載したアレンジ方法を発展させて、他のお花や果物にもぜひ挑戦してみてください♪

お子さんのお洋服や鞄など、チェーンステッチで刺繍をしてあげたら、きっと喜んでくれますよ☆