【共働き】家事負担の不公平さに疑問!なんで私ばっかり?を変える方法

お仕事に加えて、日々の育児・家事本当にご苦労様です。

  • 誰に頼まれたわけでもなく、やって当たり前と思われる。
  • 賃金が発生するわけでもなく、専門的な作業でもない。
  • でも!やらない訳にはいかない

それが家事です。

僕は幼児教育に携わり12年、医療従事者の妻と二人三脚で生活をし、3人の子育て中の者です。

僕は育児に関しては専門職でもあるので、ある程度参加はできていましたが、家事に関して意識が高まってきたのはつい最近

それまでは物凄く適当にこなしてました。笑

そんな僕も、現在では自分の役割をもって、妻に任せられるほど家事ができるようになりました。

この記事でお伝えしたいのは、家事が心の負担につながるケースがあるということです。

そうならないために、今回は大変な家事を根底から手抜きする方法を提案します。

【共働き夫婦の家事負担の不公平さ】なんで私ばっかり?を変える方法

【旦那さんの体験】共働き夫婦の家事負担の不公平さを変える方法

家事と育児の大変さを理解してもらう

まずは旦那さんに家事と育児の大変さを理解させるべく、家事と育児を体験してもらいましょう

さまざまなメディアでもう聞き飽きた提案かもしれませんが、僕の経験からもこれはもっとも効果的な旦那さんの“意識改革”となるステップだと思っています。

体験してはじめて本当の大変さがわかった

僕自身、妻のふだんやっている家事と育児をやらせてもらった時にはじめてその大変さに気が付きました。

もちろん事実として「仕事と家事と子育ての両立はめちゃくちゃ大変」ということは知っていましたが、文字や言葉で知っていたところで、本当の大変さの理解には到底及びませんね。

素直に妻を「スゴイ」と思いました。

共働き夫婦の家事負担の不公平さを変えるまでの4ステップ

共働き夫婦の家事負担を変えよう!

ステップ1:旦那さんへの提案はやさしく!

早速旦那さんに家事と育児をお願いしてみましょう。

ここで気をつけたいのが提案の仕方です。

「家事と育児をやってみろー!」と伝えてしまうと、プライドの高い男性にとっては喧嘩の火種となりかねません。

ここはいっちょ、役者になったつもりで、

「お願い。今度友だちとの約束がある。どうしても行きたいから」

と、あなただけが外出できる理由をつけて“やさしく”お願いしましょう。

旦那を手のひらで転がしてやってください、ぐっと我慢して。

理由はなんでも構いません。

美容院でもいいです。

子どもの保育園のことでもいいです。

ステップ2:日中に預ける

そして旦那さんには、できるだけ日中に子どもを預けましょう

日中であれば、「お昼寝の寝かしつけ」を体験してもらうことができます。

その間に家事をする大変さもわかるわけです。

ステップ3:帰宅後、あなたの手際の良さを見せる

あなたが帰ってきて、何もできていなかったら、

「大変だったでしょ?ありがとう!今からわたしも手伝うね」

とこれ見よがしにテキパキと動きましょう。

旦那さんは「スゲ、、毎日これやってるんか。大変だなぁ」と思うはず。

このステップでは、大変さを口にせず、当たり前のように大変なことをやってのけるあなたの姿を見せるのがポイントです。

少々したたかかと思うかもしれませんが、今後の自分、ひいては夫婦関係、家族のため。

ここは文句を言いたい本心をグッとこらえて、大変だけど大変と言わない母の強さを、旦那さんの「心」で感じてもらいましょう!

もし「いつもありがとね」の言葉が旦那さんから出たら、「こちらこそいつもありがとう。今日も助かった!」のあなたのひと言で完勝です。

ご主人はあなたの器の大きさを感じ、“手放したくない”というあなたへの執着が生まれます。

これが意識改革の始まりです。

これですぐに家事を手伝うようにはなる訳ではありませんが、「失いたくない、失っては困る」という意識は人を動かしますよ。

ステップ4:分担よりも「一緒に」やってみる

意識改革が始まったからと言って、いきなり分担にするとやり方もわからない旦那さんは家事からフェードアウトしてしまいます。

ですから、分担の前に「協働」です。

「自分ひとりの方がはかどるわ…」なんて思わずに。

今のうちにできるようになっておくと先々、生活が楽になって互いを思いやるベースができます。

料理、掃除、育児を一緒にしようと誘ってみましょう。

そして少しでもいいところがあれば褒めてあげてください。

『あなたのおかげで』『あなたがいたから』と言われると、意欲が増します。

家事に対しての自信もつきます。

そうすればきっと笑顔も増えて支え合う家族になるはず。

それを見ている子どもにとってどんな素晴らしい教育法よりも心を育ててくれるはずです。

共働きなのに家事負担が不公平になりやすい3つの理由

共働きなのに家事負担が不公平になりやすい3つの理由

理由①:根強く残る昭和の意識

日本は古くから、

  • 男は外へ出て仕事
  • 女は家を守る(家事・育児を請け負う)

という家族の形がありました。

それも今では「女性の社会進出」や「経済的な自立」によって、すっかり時代遅れの考え。

こんなことを言っている人は絶滅危惧種です。

しかし、実際のところ、一人一人の意識はどうでしょうか?

表層的には女性に敬意を払っているつもりでも、無意識下で「女性は家事をして当たり前」といった考えがあることも珍しくはありません。

女性に対する「社会」の意識と「個々の男性」の意識のギャップが、女性を悩ませているのかもしれませんね。

理由②:昭和を生きた親に育てられた

筆者の父は、戦後やバブル崩壊など、激動を生きていった職人堅気の頑固親父で、家庭での全権利を持っていました。

もちろん昭和時代には、イクメンなどという言葉はありません。

そんな家庭で育った今の20歳台以上の男性には、“家事をしない”父親像が目の奥に焼きついています。

そのため、自分が家庭を持ってからも、悪気なく「稼ぎを持って帰ればOK!」という意識があったりするんです。

理由③:ケンカするともっと疲れるから言わない

「外で働く俺を労ってくれ!家ではゆっくりさせてくれ!」と豪語する旦那に困っている、という悩みを仕事柄よく聞きます。

そりゃ、「こっちも働いとるわ!!家事の一つでも手伝わんかい!!」と言いたくなりますよね。

ただこれを言うと大喧嘩、また疲れが溜まってしまうので「手伝ってもらいたいけど言わない方が結果ラク」と我慢してしまうんです。

我慢と思わず、「しゃーないか」となれる方は問題ありません!

ですが、中には悶々と不公平感を募らせて、いつ爆発するかわからないところまで自分を押し殺している方もいるでしょう。

そんな方は、これを機に思い切って我慢するのをやめてみませんか?

「自分が我慢するのが一番ラク」という考えは、先々の自分を苦しめるかもしれません。

旦那さんに家事を手伝ってもらう方法をダメもとでも試してみてくださいね。

共働きで子育てと家事を分担するメリット

共働きで子育てと家事を分担する仲良し夫婦

家事と育児の両立は本当にエネルギーを使います。

その苦労は体験して初めてわかりました。。

そこで、共働きのわが家では日常的に子育てと家事を分担しています。

メリットは大きくわけて2つ。

  • メリット①:家事育児の大変さを共有できる
  • メリット②:できるときにできる方がやればいい

大切なのは、「しんどいよな、ちょっと手伝わせて」という気持ちなんです。

できることでいいんです。

ゴミ出しだけでもいいんです。

そして良好な夫婦関係を求めるなら感謝の気持ちをお互いに伝えることも重要です。

メリット①:家事育児の大変さを共有できる

夫婦にとって共有することはとっても大切なポイント。

分担した分だけ、互いに時間に余裕ができるということも1つあります。

毎日忙しく時間に追われていると、どうしてもイライラしやすくなって、

  • 子どもが食べ物をこぼす
  • 夫婦のどちらかが忙しく動いているのに、一方が何もせずにテレビを見ている
  • 掃除をしたのにすぐに汚れている

といった、ほんとに些細なことで爆発してしまうんです。

分担して家事と子育ての大変さを共有することは、こういったどうでもいいイライラを未然に防ぐことができる「余裕」を与えてくれます。

メリット②:できるときにできる方がやればいい

わが家の場合は、お互いに時間も体力も余裕がないときは、家事は放っておきました。笑

これが気楽で良かったですね。

育児を放っておくわけにはいかないので、優先順位を考えましょう。

疲れた体にムチ打って、イライラしながら家事と子育てをどっちもするより、「今日は家事はムリ!」と諦めてできるときにできる方がやればいいとしました。

納得いかない人もいるかもしれませんが、この考え方に至ったわが家は驚くほど夫婦の衝突が減りました。

共働きで子育て中におすすめ!「食事」の手抜き方法

ここからは、家事になるべく手間をかけない方法として、わが家で最も効果的だった「食事」を楽にする方法を3つご提案していきます。

  • 外食
  • 生協
  • ヨシケイ

毎日同じメニューになることもなく、なおかつ手間が省けておいしいので、これを家事に加えるだけで大助かりですよ。

外食&惣菜

「外食&惣菜」のメリット

食事を楽にしてくれるといえば「外食&惣菜」ですね。

作る手間・片づける手間が全くないのが最大の魅力と言ってもいいのではないでしょうか。

また、日本の外食は諸外国と比べて、価格に対する外食のクオリティが高いことでも知られます。

低価格でおいしいものをお腹いっぱい食べられるこの環境を生かさない手はありません。

ジャンルも多彩なので家族で「どこにしようね」と選べるのも楽しさの1つ

単価が安いお店になると、スーパーなどで買うよりも安く済むこともあるぐらいです!

「外食&惣菜」のデメリット

一方で、「外食&惣菜」のデメリットを挙げれば次のようなことがあると思います。

  • 毎日行くのはどうなのかという家庭としての美徳感
  • 価格を気にすると結局同じ店になりがち

特に美徳感に対しては共感してくれる方も多いのではないでしょうか?

「うちは子どもに手料理を食べさせてない」「これって家庭としてどうなの?」という背徳感が。

わたしも外食が続くと、「だめだねぇ。ちゃんと作らないとねぇ」と家族と話したりします。

子どもに『母の味』を教える・伝えることは家族の形として理想ではありますよね。

そう考えている方は、頻繁に外食することに抵抗があると思います。

そこで、次に提案するのが生協です!

生協

「生協」のメリット①/「食材の買い出し」をなくす

生協の最大のメリットは、

  • スーパーに買い出しに行く時間を短縮できる
  • 母の味をしっかりと受け継ぐことができる

ことです。

食事を作ることと同じぐらい大変なのが食材の買い出しです。

生協の良いところは、そんなスーパーに買い出しに行く時間が短縮される点!

共働き家庭で子どももいる家庭は、とにかく夕方から夜の時間が忙しい!

子どものお迎えや習い事の送迎があって、この時間帯って交通量が激しいので、それだけで疲れてしまいます。

そこからくスーパーに行ってだだをこねる子どもを諭したりしながら買い物をするわけです。

家に帰りつく頃にはもうヘトヘトですよね。

この買い出しの工程をなくしてくれるのが「生協」です!

スーパーに行かなくても、日用品やお菓子、アイスなどを配達してくれるので、とっても助かります。

家に帰ってきたら食材が整っている状態、理想的すぎる・・・

食材はスーパーで買うものと同じなので、忙しい中でも母の味を作ることも叶います

配達は1週間に1度なので、1週間分の必要な食材や消耗品を注文しておきましょう。

注文票とメニューは配達時に回収してくれます。

「生協」のメリット②/積立制度がある

また、生協には積立制度があります。

わが家も、チリも積もれば山となるという意識で

わが家の生協の積み立て
  • 1週間→500円
  • 1か月→2500円

という積み立てをしています。

もちろん下限が500円なのでもっと積み立てたい方はそれも可能ですよ。

「生協」の契約の仕方

各県の最寄りの支部の生協に連絡をすると、詳細をお話ししに来てくれますよ。(※地方によって訪問がない場所もあるかもしれません)

その訪問で、好みの注文方法や配達方法などを決定します。

>>生協の内容をもう少し見てみる

ヨシケイ

生協で「買い出し」の時短には成功しましたが、食事を作るうえで避けて通れないもう1つの課題、「献立を考える」工程が残っています。

食事は毎日のことですので、年中無休で考えるとなると好きな人じゃないと本当に重労働

そんな献立を考える手間を一手に解消してくれるのが「ヨシケイ」です。

わが家もお世話になっています。

ヨシケイとは

ヨシケイはミールキットを提供してくれるサービスです。

「時短(配達)」「手抜き(メニュー考案)」「健康」と、こんなに家事を助けてくれるサービスがあっていいのか、と驚きますよ。

また、ご主人さんも料理の楽しさを味わえるかもしれません!

「ヨシケイ」のメリット①/疲れすぎて思考停止でも作れる

食材とレシピを送ってくれるので、献立を考える必要もありませんし、それに伴う買い出しの必要もありません。

大げさに言えば、疲れすぎていて献立なんて考えられない!ましてや栄養なんて考えられない!といった状況でも、思考停止でボーっと家庭料理を作ることができます。

また、レシピが付いていることで、料理に不慣れな男性でも簡単に作ることができます!

実際、わが家もヨシケイが届くとぼくが作ったりもしていました。

毎日届くメニューは豊富で、『10分でできる2品料理』『本格的な和食』など、値段に応じて多彩な献立を選べます。

「ヨシケイ」のメリット②/管理栄養士監修の栄養価バランスの取れたメニュー

さらにうれしいのは、管理栄養士さんが栄養価のバランスを考えたメニューにしてくれているところ。

ヨシケイのメニューは本当に野菜がふんだんに使用されています!

子育てをしていると、子どもの栄養に偏りがないかって結構神経を使うじゃないですか。

ヨシケイさんを使っていると、そこへの不安が一掃されるので子どもの健康上の心配がなくなります。笑

また、離乳食のレシピもあるので、子どもが小さいときはかなりお世話になりました。(離乳食について教えてくれる「はじめての離乳食ガイド」というのも参考になりますよ)

スーパーに行って自分でメニューを考えていた時の方がむしろ、栄養を考えていそうで結局作り慣れた料理に偏りがちだったと思うので、これは食事に対する考え方を根本から変えてくれたサービスでした。

「ヨシケイ」のメリット③/毎日配達してくれるので冷蔵庫がスッキリ

また、ヨシケイは頼めば毎日配達してくれるんです!

ということは、

  • 食材で冷蔵庫を圧迫されてる
  • ついつい買い過ぎて浪費がかさむ

という心配がなくなり、冷蔵庫もスッキリ。

「ヨシケイ」のメリット④/ポイント交換サービスがある

ヨシケイにはポイント交換のサービスがあります。

利用金額によってポイントが付与され、食材やエコバッグなどの生活の足しになる商品との交換ができる制度です。

普通にヨシケイを使っていたら勝手に貯まっていくポイントなので、結構このサービスでもらった商品も多いです。

>>ヨシケイのメニューを見てみる

共働き家庭における父親の役割【保育士の僕からのメッセージ】

共働き家庭における父親

このように、共働き世帯には互いのマンパワーと気遣いが大切な円満条件になります。

保育士であり、父である僕から少しメッセージ。

こと、家事・育児に関してはお父さんはお母さんの足元にも及びません。

そうでない方もいらっしゃいますが、そんな方はこの記事は無意味ですね。笑

お父さんの心構えとしては家族のサポーターの意識を持つこと。

家庭の中で、主役は子どもになります。

生活のすべてが子どもを中心に回っていくからですね。

そしてヒロインはお母さんです。

それを支えていくのがお父さんの役割。

働くことも然り。

家事・育児の分担も然り。

主役とヒロインが、より伸び伸びと表現できるために労力を割きましょう。

決してお父さんが家族の主役になってはダメです。

お父さんが中心にいるという意識を持っていてはダメ。

主役になるときは、家族がピンチに陥った時です。

その時はお父さんの持てる力すべてを使って主役となり、家族を守ってください。

その時までは陰日向となり、大きな腕で家族を包めるサポーターであって下さい。

それを続けていけば知らず知らずのうちに家族がお父さんのことを「いつでも家族を守ってくれる、頼れる存在」と思ってくれますよ。

こんなに幸せなことはありません。

まとめ

【共働き】家事負担の不公平さは支え合いで解消

毎日やらなければいけない家事と育児は、生活の中で多くの時間と労力を割きます。

それを共有できることが最大の手抜きと心の安定になります。

家事と育児はやってみないとわからない大変さがあるので、ぜひ一度、旦那さんに声をかけてお互いに支え合う基盤づくりをしてみてくださいね。

大好きな人とこれからも幸せな家庭を築けるよう、心から願っています。