節約が苦手!貯金0円から抜け出すためには?楽しく無理しない貯金方法

あなたは貯金は得意ですか?

最近は、貯金が0円の世帯が増えています。

割合でいうと、「3世帯に1世帯は貯蓄がない」とも言われています。

「収入がない訳ではないけど、なぜかお金が貯まらない」という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、将来のことを考えると、正直貯金が0円のままではまずいですよね。

そんな時は、少し意識を変えることで現状から脱出することができますよ!

今回は節約のコツについてお話していきます。

無理しない節約で貯金0円生活からの脱却!

そもそも節約に大切なのは、収入と支出を把握することです。

まずは、1ヶ月の生活の中で絶対に必要な固定費を把握しましょう。

家賃+光熱費+携帯代や保険料などの毎月必ず引き落としのあるもの=固定費とします。

固定費は分かればそれを収入から差し引いた金額を出しましょう。

それがあなたが1ヶ月に使える金額の上限となります。

貯金目標の決め方は?

最初から高い目標を決めてしまうと挫折してしまいますよね。

一番初めの目標額はお給料の3ヶ月分を目安にしましょう。

もしあなたに何かあって仕事ができなくなった場合に、生活を立て直す期間として3ヶ月分の保証を作っておくと安心です。

それを達成しできたら今度は6ヶ月分を目標にするのもいいですし、キリよく100万円を目指してみてもいいでしょう。

1ヶ月あたりの貯金額の目安

1ヶ月あたりの貯金額は収入と支出のバランスにもよりますが、平均的には収入の20%が目安になります。

最初は収入の10%を目安にしてみましょう。

実際に試していく中で、余裕がありそうであれば、少しずつ1ヶ月あたりの貯金額を増やしていくのがオススメです。

そのためには、固定費の中の携帯代や保険料などの見直しが必要な場合があります。

また、現在は使用していないのに以前に加入した会員費などが残っていないか、無駄な有料サイトの登録がないかなども確認しておきましょう。

自由に使える金額の把握

ここまでの話をまとめると、収入 − 固定費・食費・雑費 − 貯金額 = 自由に使える金額となります。

趣味や友達付き合いなどに使える金額を把握し、その金額の範囲以内で1ヶ月の予定を立てることで自然とお金が貯まるようになりますよ!

節約のコツ1:食費の管理はまとめ買いでわかりやすく!

生活費の中で一番変動が大きいのが食費ではないでしょうか?

変動が大きいということは、その分減らしやすいということになります。

食費を減らすには、材料は週に1度のまとめ買いにするのが効果的です。

買い物に行く頻度が減る=無駄なものを買う機会が減るということに繋がります。

また、1回の買物金額に予算を決めておくと1ヶ月の食費の管理もしやすくなります。

我が家の場合は夫婦と子ども1人の3人家族で、週1回の買い物・金額5,000円×月4回=1ヶ月の食費は20,000円という計算で動いているので、1ヶ月の食費が20,000円を上回ることはありません。

イベントなどで、外食が増える月は家族で500円貯金をしたりして補ったり、事前に食費をセーブして余らせておいたりしています。

まとめ買いのコツとしては、

  • 行きつけのスーパーを決めておく
  • 特売日と買い出しの日を合わせる
  • 予算をふまえて買い物リストを作っておく
  • ポイントカードや支払い方法を上手に活用して、還元をうける

この4つが大切です。

後はあなたが、食材を見てから献立を決めるのか、献立を決めてから買い出しにいくのかによって変わりますが、極力同じ食材でたくさんのレパートリーを持っておくと便利です。

そうすることで、たくさん入って安く売られているお徳用商品を、上手に消費できるので節約になります。

後は、時間がある時に食材を小分けにして、冷凍保存することで長持ちさせましょう。

そして、一番のポイントとしては「無理をせずレトルト食品を利用する」こと。

疲れて帰る時に、ご飯を作るのがめんどくさくなってしまい、お惣菜を買って帰ると、結果的に無駄な出費を増やしてしまします。

今はコスパの良いレトルト食品もたくさんあるので、節約に気を取られすぎず、予算内で上手に楽をしましょう。

節約のコツ2:楽しく節約して貯金を増やす

貯金のコツが分かったら、後はあなたが楽しく前向きに節約できる方法を見つけるだけです。

貯金が貯まった時のご褒美を決めておいたり、貯金アプリを利用したりとあなたに合った方法を探してみましょう。

マイルールを決めて、ゲーム方式で貯金するのもオススメです!

後は、どんどん口座などにお金が増えているのを確認するのが楽しくなってくれば、毎日のモチベーションに繋がります。

コツコツ続けていくことで、自然と自分のお金の使い方の法則が分かるようになるので効率よく節約できるようになりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

節約・貯金は、

  • 自分の収入と支出を把握する
  • 目標を立てる
  • 固定費の見直しと食費の管理を徹底する
  • 自分に合った節約方法を見つける

以上のポイントを抑えておくことが必要です。

節約・貯金に大切なのは無理をしないことと、楽しむことです。

貯金が貯まった後の未来をイメージしながら、毎日コツコツ積み重ねていきましょう。

今まで貯金できなかったとしても、明日からジュースを買うのをやめて飲み物は持参したり、コンビニに行く習慣を改善するだけで1ヶ月のトータル支出はグッと減らすことができます。

「些細なことの積み重ねが続いてお金が貯まらない」ということが多いので、逆を言うと些細なことの積み重ねでお金は自然に貯まります。

あなたのライフスタイルに合った節約方法で楽しく貯金を増やしましょう。