【折り紙|箸袋の折り方】子どもでも簡単!かわいい魚の箸袋の作り方♡

「紙」さえあれば場所を問わずに楽しめる、折り紙。

子どもの知育効果バツグンで、今注目を集めているのをご存知ですか?

今回ご紹介するのは、小さいお子さんでも簡単に作ることができる、「かわいい魚の箸袋」の折り方です。
すぐに出来ますし、作った後も使って楽しめるのでおすすめです♪

さっそくお子さんと一緒にチャレンジしてみてくださいね!

折り紙『かわいい魚の箸袋』の折り方<子どもでも簡単にできる>

用意するもの

  • 折り紙 1枚 (今回は両面タイプを使ってみました)
  • 黒いペン

折り紙『かわいい魚の箸袋』の折り方

STEP.1
横に半分に折ります。
折り紙『かわいい魚の箸袋』の折り方1
STEP.2
もう一つ半分に折って、縦横に折りすじをつけます。そして開いておきます。
折り紙『かわいい魚の箸袋』の折り方2
STEP.3
左から真ん中の縦の折りすじに合わせて折ります。
折り紙『かわいい魚の箸袋』の折り方3
STEP.4
裏返して、下から真ん中の折りすじに向かって折ります。
折り紙『かわいい魚の箸袋』の折り方4
STEP.5
上からも真ん中の折りすじに合わせて折ります。
折り紙『かわいい魚の箸袋』の折り方5
折ったら、STEP4、STEP5で真ん中に向かって折った部分はいったん開いておきましょう。(※折り紙全体を開くのではありません)
STEP.6
右上の角を真ん中の折りすじにあわせて、右下の角を下の横折りすじに合わせて三角に折ります。
折り紙『かわいい魚の箸袋』の折り方6
STEP.7
右の上下角が三角の状態でもう一度STEP4、STEP5のように、上から真ん中、下から真ん中の折りすじに向かって折ります。
STEP.8
最後に左上の角を左下の袋になっている角に差し込みます。
折り紙『かわいい魚の箸袋』の折り方7
STEP.8
裏返すと箸袋の形になりました!
折り紙『かわいい魚の箸袋』の折り方8
STEP.9
黒いペンで顔や模様を書き入れてみました♪
折り紙『かわいい魚の箸袋』の折り方9
STEP.10
袋になった部分に箸を差し込んで出来上がりです。
折り紙『かわいい魚の箸袋』の折り方10

食事の時間が待ち遠しくなる、手作り箸袋♪

ぜひ、ご家族の分も作ってくださいね(´▽`*)

子どもと一緒に作ってみました!折り紙『かわいい魚の箸袋』の完成!

簡単に『かわいい魚の箸袋』ができあがりました~!
作り方もむずかしい所がないので、子どもたちでもすぐに作ることができて、大喜びです。

ポイント

表裏の色のコントラストが決め手なので、今回使用したような両面タイプの折り紙がおすすめです!
色や柄の折り紙を使うと、カラフルで個性的な箸袋になるので食卓で盛り上がることまちがいなしですよ~(^O^)

アレンジ・活用アイディア

  • できあがってから絵を描くと、愛着の湧く個性的な箸袋に♪
  • 季節の行事ごとに、春は桜色、お正月は紅白や金銀などの紙を使った箸袋でおもてなししてみる
  • 紙の素材にこだわって、和紙や千代紙を使うとガラリと大人な雰囲気に!

折り紙『かわいい魚の箸袋』の折り方まとめ

箸を差し込んだら立派におもてなしにも使える『かわいい魚の箸袋』、いかがでしたか?

簡単にできるのに、意外に使えそうって思いません?∩( ̄ー ̄)∩

ご家族でのお食事にはもちろん、親戚やお友達を招いてのパーティーなどにもぜひ使ってみてくださいね♪

また、おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントにも最適ですよ\(^o^)/