子育てって大変すぎる…いつまで子育ての大変な時期は続く?

赤ちゃんや小さい子を見たら「かわいい♡癒される~!」と思う人が多いと思います。

わたしも自分が妊娠するまではその1人でした。

でも、いざ子どもを産んでみると毎日が手探りで、半年前の記憶も曖昧なほど大変。

かわいいだけではやっていけない現実がありました…

「大変すぎるぅ…」と心が折れそうになった、子育ての大変な時期の体験や乗り越え方についてご紹介したいと思います。

子育てが大変すぎる…「いつまで続くんだろう?」と悩んでいた毎日

子育てが大変すぎる…「いつまで続くんだろう?」と悩んでいた

わたしには現在2人の子どもがいます。

上の子は3歳なのですが、思い返すと産まれた時から今までずっと、大変でした。

新生児の頃、わたしが一番辛かったのは頻回授乳によって乳首が何度も切れてしまうことでした。(涙)

哺乳瓶も粉ミルクも拒否だったので痛くても直接授乳するしかなく、いつまで痛いのか検討もつかず毎回泣きながら授乳していたように思います。

その他にも、

  1. 寝返りをするようになってからは…
    →窒息してしまわないか四六時中神経をとがらせる
  2. ハイハイをするようになってからは…
    →誤飲してしまうものはないか毎日チェック
  3. 歩けるようになっってからは…
    →怪我をしないように常に気を張る
  4. 幼児期に入ってからは…
    →「イヤイヤ期の子どもと上手く付き合っていくにはどうすればいいのか」「どこまで子どものやりたいようにやらせていいのか」考える

本当に挙げだしたらキリがないくらいいつまでも悩みは尽きませんでした。

自分も子どもの頃こうだったんだろうと思うと、改めて母のすごさを知る良い機会にもなりました。

「今が子育てで一番大変な時期」って言うけどホント?

よくお散歩中やスーパーで出会うおばさま達に「今が一番かわいい時よね。一番大変でもあるけど。お母さん、もうちょっとの辛抱よ!」なんてことを言われます。

2歳になったくらいから言われ始めたので勝手に「そうなんだ!今が一番大変なんだ!頑張ろう!」なんて思っていましたが、もう3歳半。

「大変さ増してますけどぉおおおお?」もうちょっとって、いつまで?

うちの夫は5人兄弟なんですが、5人育てた義母にも「3歳になったら急に聞き分けもよくなって楽になるよー」と言われていたので、すっかり信じ切っていたわたし。

このままで本当に楽になる日は来るのでしょうか・・・

【子育てが大変すぎる時期の乗り越え方①】出産~生後2か月

出産~生後2か月の赤ちゃん

そんなわたしが、どう子育ての大変な時期を乗り越えたか?その方法や考え方について、ここから具体的にお話していきます。

特に大変だった「出産直後~生後2カ月目」「生後6か月~1歳まで」を中心にお話ししますので、ぜひ参考にしてみてください。

出産直後はとにかく不安!

この時期は、肉体的にも精神的にも自分の身体がまだ回復しない中で、いきなり赤ちゃんとの生活が始まります。

わたしは近い友達や親戚などに小さな子どもがいなかったため、本当に赤ちゃんの扱いがさっぱりわかりませんでした。

ふにゃふにゃの赤ちゃんを抱くことも、始めはすごく怖く感じました。

なんで泣いているのかさっぱりわからない!

泣き止まないこともあるのは、頭ではわかっていました。

今思えば、元気な証拠でありがたいことなのですが、その時期には泣かれることがストレスになっていたように思います。

  • 母乳をあげる
  • おむつを替える
  • 温度調節をする
  • 音楽を流す

少ない引出しの中からあれやこれやと試してみたのですが、全く通用しない!

そのうちに、気づけばまたミルクや母乳の時間になり、もう疲労困憊です。

やっぱり24時間赤ちゃんと一緒にいると、自分もだんだんと余裕がなくなってしまい、「一生懸命やっているのに。なんで泣くの。」と、一緒に泣いてしまう日もありました。

この頃は、「大丈夫かな?大丈夫かな?」と過剰に心配してしまい、インターネットを開けば検索ばかりしていました。

落ち着いて考えればわかることですが、ミルクや母乳をあげる量やあげる時間も、その子どもによって違うし、また大きくなるにつれて変わっていきます。

でもこの時期は、気持ちの面でもあまり余裕がないので、そこに自分が対応していくのがとっても大変でした。

わたしの乗り越え方

赤ちゃんと自分を少し切り離す

突然赤ちゃんが自分の生活の中に現れて、わたしは、本当にずっと赤ちゃんだけを見ていました

これがよくなかったかもしれません。

いつも通りに家事をする、自分の好きなことをやる。なんてことが全くできませんでした。

赤ちゃんが寝ているとき、どう過ごしたらいいかわからなくなったほどです。

ふと、自分が赤ちゃんに集中しすぎて疲れていることに気づきました。

「いつも通り洗濯や家事をしていても、赤ちゃんに悪いなと思う必要なんてない」

「赤ちゃんだって自分の時間があるはずだ」

と思うと、少し心が楽になりました。

自分の生活も大切にできるようになると、気持ちにも余裕ができる!

赤ちゃんのことに集中するばかりが「赤ちゃんのため」ではないことを理解しましょう。

時には自分の楽しみを優先することでストレスを解消でき、結果的に赤ちゃんにもプラスに働くことがあります。

  • 時々は家事を後回しにする
  • 赤ちゃんと一緒にお昼寝をする
  • 好きなドラマや映画をみる

など工夫して、気分転換を図りましょう!

あわせて読みたい

体力の限界⁈子育て疲れの心をリフレッシュする方法子育てで体力限界⁈子育て疲れの心をリフレッシュする方法

それでもやっぱり、赤ちゃんは夜中に何度も起きますし、おむつ替えも頻繁なので、体は疲れてしまいます。

だからこそ、しっかりと体力を回復させることが大事です!

忙しすぎる時期ですが、自分の楽しみにも少し目を向けて、大変な時期を乗り越えましょう。

【子育てが大変すぎる時期の乗り越え方②】生後半年~1歳

生後半年~1歳の赤ちゃん

行動範囲も広がり、変化の時期!その実態

第2にわたしが大変だったのは、生後半年~1歳の時期です。

夜泣き、離乳食の開始、そして行動範囲もぐっと広がって、もう大変なことだらけでした。

少し赤ちゃんとの生活にも慣れたつもりでいたので、こんなに大変になるとは思っていませんでした。

夜泣き

夜中にどれだけ抱っこしても、ものすごい声で泣いて、とにかく泣き止まない。

寝たと思ってもまた起きて、すぐ泣く。その繰り返し。

赤ちゃんの成長過程とは聞くけれど、「正直そんなに泣かないで、お願い。」と、辛くてこちらが泣きたくなる気持ちでした。

離乳食の開始

たくさんの食材を食べられるように工夫するのがとにかく大変!

月齢ごとに、新しい食材にチャレンジしたり、大きさを変えたり、味付けをしたり変化をつけていくのですが、これを普段のバタバタの中でやらなくてはなりません。

行動範囲の広がり

ずりばいやハイハイ、早い子は歩くようになるこの時期、行動範囲が広くなり、家のあちこちにものが散乱してしまいました。

片付けても出されてしまい、また片付けの繰り返し。

あちこちにつかまって立つ時期なので、力尽きて転んでしまうこともあり、とにかく目が離せなくて、ケガなどしないか心配ばかりでとても大変でした。

人見知り

わたしの子の場合は、そこに人見知りが加わりました。

母親という認識をしっかり持ってくれたことには、とっても幸せを感じましたが、どこへ行くにも誰に会うにも大泣き。

時々自分の気分転換も含めて、「友達とランチ。」と思っても、連れていくと必ず大泣きしていました。

だから、お喋りなんてできなくて、かえって友達に気を遣って、お店や周りにも気を遣って、帰る頃にはぐったり!なんてことも度々ありました。

ベビーカー、チャイルドシートもイヤイヤと主張がとても激しかったため、外にいくことを自然と躊躇してしまったりするようにもなりました。

わたしの乗り越え方

家の中に赤ちゃん対策をする

かなり動きが出てくる時期なので、家の中を本格的に赤ちゃん仕様にしました。

転んでも大丈夫なように対策をしていくことで、心配ばかりから開放されました。

今はたくさん便利グッズもあるので、ぜひぜひ活用してもらいたいです。

大人の食事を利用して離乳食に

離乳食については、だんだんに慣れてくると、要領がつかめてきます。

  • 自分たちの食べるものを下ごしらえ段階で分けて、子どもに与える
  • 小分けにして冷凍しておく

、、などできるようになり負担は大分軽くなりました。

外の環境、他人と触れ合うことを諦めずに続ける

とにかくめげずに、たくさんのお友達と遊んだりする中で少しずつ、人見知りが薄れていく過程が見られました!

1歳になる頃には、すっかり、ニコニコみんなと遊べるようになりました。(それでも、長いですね;)

がんばって向き合ってよかったと思います。

【子育てが大変すぎる時期の乗り越え方③】考え方が変わったら楽になった

【子育てが大変すぎる時期の乗り越え方】考え方が変わったら楽になった

子育ては大変じゃないときなんてない

子育ての大変さは、それぞれの月齢・年齢によって異なります。

きっと小学生になっても中学生になっても、手はかからなくなっていくけれど、心配事は尽きないのでしょう。

わたしは、「子育てってある意味で、大変じゃないときって来ないのかもしれないなぁ」と思うようになってから、少し気持ちが楽になりました。

子育て中のお母さん。今大変だと感じることは何ですか?

寝かしつけ?ご飯を食べてくれない?喧嘩ばかりする?イライラばかりしてしまう?

いつか大きくなったわが子に「あの時はこんな風だったんだよー!」と笑って話せる日が来ることを気長に待ちましょう。

【子育てが大変すぎる時期の乗り越え方④】YouTubeを参考にする

YouTubeでお子さんとの過ごし方をアップしている方の子どもとの向き合い方を参考にすることもありました。

Hiromi factory チャンネル

個人的に芸能人のヒロミさんのチャンネルが大好きで、大きいお子さんたちとのやり取りを見て、「こんな家族素敵だなぁ」と成長したわが子との生活を妄想しながら子育てに向き合うことが多いです^^


(※言葉遣いはやや強め?ですが、家族への優しさやお子さんとの信頼関係が見えてとてもホッコリします)

今はユーチューブなどで、先輩ママさんパパさんの子どもとの向き合い方を参考にできるのもいいですよね。

ちょっと気持ちが滅入ったときは、人のおうちを見てみると「みんな同じように乗り越えてきたんだな」とちょっと心強くなったりしますよ。

フェルミ研究所 FermiLab/『子育てが大変すぎる理由5選』

続いて、子育ての大変さをリアルかつコミカルに描いた人気動画です。

子育ての大変さやリアルな夫婦の変化を、子どもの成長に沿って描いています。

ただひたすらに、ケンジが素敵です。

レッチャンネル/『泣き止んでくれなくて心折れかけました。。育児って大変。』

こちらは、ママユーチューバーさんのリアルな子育てと息抜き法がわかる動画です。

とても現実的な生活の様子を見せてくれていて「わかるー!」と思わず共感してしまう動画です。

美容だったり、オシャレだったり、美味しい食べ物だったり。

好きなことでポジティブになれるようにコントロールしているママさんの切り替え方が現実的で参考になります。

まとめ

きっと同じように子育ての出口が見えず、途方に暮れているお母さんはたくさんいらっしゃると思います。

でも、どれだけ大変でも子どもは毎日成長しているんですよね。

大変なこと、できないこと、ダメなところなどマイナスなところだけでなく、ちょっとでも良いところや最近できるようになったことをたくさん見つけて子どもたちへの愛を深めていく工夫をしたいものです。

あなたの家族が笑顔で溢れますように、お互い大変ですががんばりましょうね。