キッチン収納のコツは?ダイソーの便利グッズでおしゃれ&スッキリ!

キッチン収納のコツは?ダイソーの便利グッズでおしゃれ&スッキリ!

毎日使うキッチンですが、せっかく収納グッズを買ってみても上手く片付けられなかった経験はありませんか?

最初は張り切って、調理器具や調味料などの配置を考えても、気がついたらグチャグチャになって、奥の方から賞味期限切れのものが・・・なんてことも。

毎日使う場所だからこそ、上手に整理してストレスフリーに調理ができるようにしたいですよね。

そこで今回は、キッチンの収納のコツダイソーで揃う便利グッズキッチンをスッキリおしゃれに見せるテクニックをご紹介します!

キッチンの収納のコツを知って、快適な空間へ!

まずはキッチンにあるものを見直してみましょう。

頻繁に使うもの、たまに使うもの、ほとんど使わないものに分けます。

キッチンに物が溢れていると何時まで経っても片付かないどころか、掃除の妨げにもなりかねません。

不要なものはリサイクルやフリマアプリなどを活用して売りに出すなどして、物を減らしましょう。

不要なものがなくなり、ある程度ものが減ったところで収納開始です!

片付ける場所は、実際にそのアイテムを使う場所の近くに設定し、ジャンル別に分けます。

調理器具の収納

調理器具は用途や大きさによって収納方法を使い分けましょう。

スプーンやフォーク、お箸や箸置きなどは仕切りを作りアイテム別に収納します。

収納スペースの高さにゆとりがあれば、毎日使うものと来客用やストックなどに分けて二段収納するのもオススメです!

お鍋やフライパンなどは、立てて収納しましょう。

そうすることで、使う時に取り出しやすく片付けもしやすくなり、めんどくさがり屋さんでもキチンと定位置に片付けることができます。

ヘラやフライ返し、泡立て器などの調理ツールは掛ける収納がオススメです。

シンク下の扉の内側などにフックやマグネットを取り付けて、掛けられるようにしておくと便利です。

調味料の収納

調味料コーナーは片付けにくい場所のひとつです。

工夫の一つとしてオススメなのは、容器を統一して詰め替えてしまうことです。

その際は、四角の容器を選ぶことで無駄な隙間を作らず収納できます。

すぐ見て中身がなにかわかるように、蓋などに中身を書いておくか、色分けするといいでしょう。

油や料理酒、みりんや醤油などの背が高い調味料はファイルボックスを活用することで、簡単に整理することができます。

粉ものは半透明や透明の密閉容器を使い、中身が見えるように収納することで忘れず使い切れるようにしておくと良いですよ!

◎掃除用具の収納
掃除用具はキッチン下やコンロ下に収納しておくのがオススメです。

外から見えてしまうと生活感が出てしまうので、見栄えを良くするにはシンプルで背が高いケースを活用するといいでしょう。

また、水周りと火周りで分けて収納しておくと、掃除をする時にケースごと取り出せて便利です。

キッチン収納に便利なダイソーグッズを紹介!

ダイソーで手に入る、キッチン収納のお役立ちアイテムを紹介します!

プラスチックケース

様々な大きさのものがあるので使いたい場所やアイテムの大きさによって組み合わせて使いましょう。

仕切り代わりとしてはもちろん、すぐ取り出して洗えるので衛生面もバッチリです。

突っ張り棒

突っ張り棒を2本使い、シンク下の収納スペースなどのデッドスペースに棚を作ることができます。

簡単に設置できるのですぐに試せる方法になります。

使い方を工夫することで、可能性は無限大なのであなたオリジナルの使い方を見つけることもできます。

ワイヤーネット

ワイヤーネットは掛ける収納としても使え、また、突っ張り棒と一緒に使うことでよりしっかりした棚を作ることもできます。

フック付きのかごを引っ掛けて、洗剤や石鹸などの収納スペースを作ると、シンク周りの掃除も楽ちんになります。

ファイルボックス

ファイルボックスを活用して、フライパンやお鍋などを立てて収納します。

その他にも、調味料のストックや、食器などの収納にも使えるので便利です。

ボックスの色を統一することで、スッキリした印象にすることができるうえ、生活感を隠すこともできます。

粘着フック

こちらも掛ける収納になりますね。

おたまやフライ返しなどの収納に便利です。扉の内側に付けておくと調理の時にサッと取り出せてストレスフリーです。

今は、外した時に粘着の跡が残らないものも出ているので、賃貸でも安心して使うことができます。

キッチン収納をおしゃれに見せるテクニック

キッチンをおしゃれに見せる収納テクニックは、

  1. 物を減らしてスッキリさせる
  2. 見せる収納と隠す収納を使い分ける
  3. 収納アイテムは壁紙に合わせた色や木目調でナチュラルに
  4. 調理スペースには物を置かない
  5. フェイクグリーンなどで邪魔にならない程度の装飾を入れる

になります。

得意な方は、DIYでオリジナルの収納スペースを作るのもいいですが、苦手な方でもポイントさえ押さえていれば、ダイソーグッズで簡単におしゃれなキッチンを演出することができます!

まとめ

簡単におしゃれに見える収納のコツはおわかり頂けましたか?

ただおしゃれなだけじゃなく、あなたにとって使い勝手の良いキッチンを作ってみましょう!

少しずつ改良を加えながら、オリジナルのキッチンを作って、周りから羨まれる素敵なキッチンに仕上げていくと楽しいですよ!