家計のやりくりができない人には特徴がある?コツを知って改善しよう!

家計のやりくりができない人には特徴がある?コツを知って改善!

家計のやりくりで悩んでいる人は、結構多いのではないのでしょうか?

意識して無駄遣いしないようにしているのに、気がついたら赤字になっていたり、月末にはギリギリで生活しなければいけなくなっている…ということも。

家計のやりくりができない人には特徴があります。

今回は、家計のやりくりができない人の特徴と対処法、やりくりのコツを紹介します。

あなたが家計のやりくりができない原因を知ることで、今の生活から脱出しましょう!

家計のやりくりが上手にできない原因を知ろう!

最初にお話したように、家計のやりくりができない人には特徴があります。

特徴を知ることで、原因や対策が自ずと見えてくるので、あなたに当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

家計のやりくりができない人の特徴①:出費の把握ができていない

まずいちばん重要な部分になりますが、気付かないうちに赤字になっている=出費が把握できていないということです。

自分では全て把握しているつもりでも、うっかり抜けていたり、忘れている固定出費がある場合も意外と多いので、一度しっかり記帳してあなたのお金の動きを確認しましょう。

家計のやりくりができない人の特徴②:クレジットカードを持ちすぎている

クレジットカードを使うこと自体は、ポイントの還元があったり特典があったりで、お得になる場合も多いです。

しかし、お得になるからといって管理しきれないほどたくさんのクレジットカードを持つことで、お金の流れが見えにくくなることがあります。

その他にも、分割払いやリボルビング払いを多用することで、知らないうちに月々の支払いが膨れ上がり、利子など余分なお金がかかっている場合もあります。

家計のやりくりができない人の特徴③:身の丈に合わない出費

「これだけは」というこだわりを持つことは生活を豊かにしますが、あまりにも身の丈に合わないこだわりを複数持ってしまうと、家計のやりくりができません。

また、夜中のネットショップでの衝動買いも注意が必要です。

食費や雑費、衣服やアクセサリーなどの、出費が収入の何%を占めているのか一度確認をしてみましょう。

明らかに占める割合が多い場合は、優先順位を決めて、ある程度の妥協をすることも大切です。

このように、家計のやりくりができない人は、気付かないうちに出費を増やしてしまっていることが多いです。

一度、給料に対してあなたの様々な出費の割合が、平均とどのくらいの差があるのか確認してみましょう。

削れる出費と削れない出費を、正確に把握し管理することが家計のやりくりの第一歩となります。

家計をやりくりするにはコツがあった!

ここからは、家計のやりくりのコツについてお話していきます。

コツといっても難しいものではなく、考え方や認識を改めるという事が一番大きいので、明日からすぐにでもチャレンジできますよ!

家計をやりくりするために未来のイメージを持つ

家計のやりくりをする目的は、基本的に「貯金」になるかと思います。

お金を貯めるにはまず、貯めた先の未来のイメージを持ち、モチベーションを高めることが重要です。

「夏に旅行へ行くために〇〇万円貯めよう!」「欲しいブランドのバッグを買うために〇ヶ月で〇〇万円貯める」などの、ご褒美となる目標を持つことで、日々の買い物の中で必要なものを見極める力を付けることが大切です。

一度慣れた生活を変えるのは、誰でも簡単ではありません。

しかし、そこに無駄があることが分かっていれば、それによって失われてしまうかもしれない未来について想像してみましょう。

今欲しいものは絶対に必要なものなのか、それを我慢することによって得られるメリットを思い浮かべられれば、衝動買いや無駄遣いを抑えるきっかけになります。

一般的な平均値に当てはめてみる

食費や自己投資など、様々な出費にはある程度の平均値が出ています。

例えば、貯蓄に回す理想的な金額は収入の20%です。

こういった数字を知ることであなたの一ヶ月の出費の予算を決めてみましょう。

女性の一人暮らしでは、食費の平均が3万円前後になります。

細かく決めると苦しくなるので、最初は1週間に7千円を予算にするなどざっくりとした目標を立てて、やりくりを始めてみましょう。

無理な目標は立てない!

始めから、完璧にこなすことはストレスの原因となります。

大まかにルールを決め、実際にやってみた結果から少しずつあなたにあった形を作っていきましょう。

また、少し予算をオーバーしたからといって悲観的になるのではなく、先月よりどのくらい出費を減らすことができたのかなどのプラスの面に目を向け、成功体験を積むことが成功への道です。

家計見直しのためにアプリを使ってみる!

無駄を省いたり、お金の流れを正確に管理するために、家計簿アプリを利用してみるのもおすすめです。

「今まで家計簿にチャレンジしようとしたけど続かなかった」という人も多いと思いますが、家計簿アプリならズボラさんでも簡単に続けることができます!

家計簿アプリがおすすめの理由

家計簿をアプリでつけることによって、あなたに一番あった方法で時間を掛けずに取り組めるのが最大のメリットです。

家計簿アプリには種類があり、

  • レシートを読み込むだけのもの
  • 銀行口座やクレジットカードと連携できるもの
  • 支出をグラフ化して見やすいもの

などがあります。

1ヶ月の予算を登録しておけば、月末にどのくらい貯蓄に回せたか、もしくはどのくらい赤字になったのかが一目瞭然になるものも多いので、意識作りや改善策を見つけるのに役に立ちます。

まとめ

家計のやりくりができない人は、お金の流れが正確に管理できていなかったり、知らないうちに余分なお金を払っているという特徴がありました。

目先の出費だけを見ずに、先まで見据えたお金の使い方に変えるだけで、一気に家計のやりくりができるようになります。

あなたに合ったやりくりの方法を見つけたり、家計簿アプリの活用で、無理なく家計の管理ができるようになりましょう!