銀木犀の花言葉は怖い!?その真相と金木犀との違い、贈り方も紹介

秋に小さな白い花を咲かせる銀木犀を、誰かに贈ろうと思った時や家に植えようと思った時、花言葉を気にしたことはないでしょうか?

実は銀木犀の花言葉が怖いという噂があるんです。

この記事では、銀木犀の花言葉は怖いといわれる真相と、金木犀との違い、贈り方も紹介していきます。

実はプレゼントにもぴったりな、秋を代表する銀木犀と金木犀について学んでいきましょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

銀木犀の花言葉は怖い!?その真相

銀木犀の花言葉

銀木犀の花言葉は、初恋」「高潔」「あなたの気を引く」「唯一の恋」「謙虚」

「初恋」「高潔」は白い花を咲かせることから、この花言葉が出来たといわれています。

恋愛の花言葉になっていることから、昔の中国ではデート前に木犀の花を入れたお酒を飲んだそうです。

この花言葉からは、とても怖いイメージはありませんよね。

それでは、次で銀木犀の花言葉が「怖い」といわれる真相を探っていきたいと思います。

銀木犀の花言葉の真相

実は結論から言ってしまえば、怖い花言葉を待つのは「金木犀」の方なんです。

なぜならば、金木犀の花言葉に「陶酔」「誘惑」、「隠世(かくりよ)」という死後の世界という意味の言葉もあって、これが「怖い」イメージに繋がってしまい、金木犀の影響で銀木犀の花言葉が怖いというイメージがついてしまったのかもしれません。

他には、銀木犀の葉はギザギザがあることから、魔除けや邪気払いができると言われ、鬼門に植えられていたので、こちらからも「怖い」イメージがついてしまったようです。

このような、理由があることから銀木犀の花言葉が「怖い」と言われてしまっているようです。

実際の花言葉は、銀木犀が咲かせる白い花のように、控えめな可愛らしい花言葉でしたね。

銀木犀について

 

科・属 モクセイ科モクセイ属

和名 銀木犀(ギンモクセイ)

英名 Silver Osmanthus,fragrant olive

学名 Osmanthus fragrans var. fragrans

原産国 中国

開花期 9〜10月

銀木犀は5〜10mまで成長して、シンボルツリーにもなる常緑小高木になります。

日本には江戸時代に中国からもたらされました。

10月頃にほのかに香る花を、1ヶ所から束になっていくつもの花を咲かせます。

花の色は、黄色がかった白いや淡い黄色、黄色、オレンジかかった黄色などがあります。

葉はやや大きく、少しギザギザがあり、触ると少し痛いと感じます。

金木犀との違い

【金木犀】

科・属 モクセイ科モクセイ属

和名 金木犀(キンモクセイ)

英名 fragrant orange-colored olive

学名 Osmanthus fragrans Lour. (Makino)Nakai

原産国 中国

開花期 9〜10月

植物学の分類上、金木犀は銀木犀の変種になります。

銀木犀と同じく常緑小高木で、日本では観賞用として公園や庭先に植えられています。

銀木犀の白い花に対して、金木犀は橙黄色の花を咲かせます。

そして、花の香りは銀木犀はほのかに香るのに対して、金木犀は強めで、「これは金木犀の香りだな」と道を歩いているだけでわかるくらいの、やさしい甘い香りがします。

葉は銀木犀はギザギザに対して、金木犀はツルツルしています。

贈り方を紹介

ここでは、プレゼントにぴったり銀木犀・金木犀を紹介します。

鉢植え

記念樹などにも利用される銀木犀や金木犀。

銀木犀は四季咲きの性質があるため、条件が合えば一年に何度も花を咲かせます。

生育旺盛で、初心者の方でも管理が容易なのも嬉しいポイントです。

これなら贈った相手は喜びそうですね。

花言葉から女性へのプレゼントなどに人気があります。

香水

香りが特徴的なので香水としてプレゼントをするというのもあります。

香りが強くて甘い香りがする金木犀がオススメです。

スプレータイプや練りタイプ、ディフューザータイプの香水があるので、相手の好みなどに合わせて贈ると良いでしょう。

通販でも香水が売っていますし、手作りすることも出来ます。

シロップ

金木犀の花びらを、砂糖とお酒で煮詰めて作った手作りシロップもオススメです。

作り方はネットに載っていますので、興味がある方は検索して作ってみて下さい。

もちろん通販でもシロップは売っています。

created by Rinker
¥1,642 (2022/07/02 08:59:52時点 楽天市場調べ-詳細)

銀木犀の花言葉は怖い!?その真相まとめ

いかがだったでしょうか?

銀木犀の花言葉は怖い真相を探ってきましたが、怖い花言葉があるのは、銀木犀ではなく金木犀の方でした。

金木犀の怖い花言葉は、「陶酔」「誘惑」、「隠世(かくりよ)」。こちらが怖いイメージがあり、金木犀の影響や銀木犀自体が魔除けや厄祓いなど使われているイメージから、銀木犀の花言葉が怖いと言われてしまっているようです。

実際は花言葉をはじめ、香りも花も控えめな可愛い銀木犀でした。

銀木犀の花言葉が怖くないとわかったので、安心して大切な人にプレゼントできますね。