お風呂場の水垢はどうやって予防する?対処法を知って綺麗をキープ!

毎日使用するお風呂場は、常に清潔に保ちたいですよね。

しかし、ついつい怠って一度水垢が溜まってしまうと「なかなか落とすことができずに苦労した」という方も多いのではないでしょうか?

今回はお風呂場の水垢を落とす方法と、事前に予防する方法、鏡の水垢を傷つけずに落とす方法について紹介します。

水垢の性質を知ることで、手っ取り早く水垢を落とし、常に清潔なお風呂場をキープしましょう!

お風呂場の水垢を予防する方法は?

一度付いてしまうと厄介な水垢は、一体なにが原因なのでしょうか?

その原因から予防・対策までを解説していきます!

水垢の正体は?

水垢の正体は、水道水に含まれるカルシウム・マグネシウム・ケイ素が残ったものです。

この成分はミネラルと呼ばれるもので水分が蒸発した後も残るため、結晶化して水垢としてこびりつき、頑固な汚れとなるのです。

また、浴槽に付く湯垢はお風呂場に付く水垢と成分が異なっていて、湯垢は身体の皮脂汚れがへばり付いたものであり、放置するとどんどん菌が繁殖しヌメリになるため、気付いたらすぐに掃除しましょう。

水垢を予防する方法

水垢を予防するためには、水が蒸発する前に拭き取ってしまうと良いです。

掃除の最後は水分を拭き取るように心掛けたり、入浴後も鏡や壁の水分を極力拭き取ると効果的です。

また、その他にも石鹸カスやシャンプーの流し残りがあると、乾いた後に膜となってしまいます。

日々の流し残りが重なると、水垢を覆ってしまいより頑固な汚れになる恐れがあるので、入浴後はしっかり浴室全体を洗い流すようにしましょう。

お風呂場の水垢に有効な洗剤はこれ!

頑固な水垢を落とすためには、水垢の性質を理解することが大切です。

水垢は最初にお話した通りミネラルでできており、アルカリ性の物質となります。

アルカリ性の物質を溶かすには酸性が効果的なので、洗剤を選ぶときには酸性のものを選びましょう!

長期に渡って蓄積された頑固な水垢には、クレンザー等の研磨効果のあるものを使うと落としやすいです。

また、クエン酸も酸性であるため、水垢を落とすのにおすすめです。

クエン酸を水に溶かし、水垢にスプレーした後、ペーパータオルでパックし2〜3時間放置した後こすり洗いすることで水垢をきれいに落とすことができます。

水垢用の掃除グッズも取り入れよう!

水垢を落とすための掃除グッズは、ホームセンターやドラッグストア、ネットなどでたくさん販売されています。

種類は様々で、ブラシや消しゴムタイプのもの、ダスターやスポンジなどがあり、好みのものを選んで取り入れることで、より楽に掃除することができます。

水垢用の洗剤と掃除グッズを組み合わせて、頑固な水垢もサクッと落としてしまいましょう!

お風呂場の鏡についた水垢もしっかり落とそう!

お風呂場の鏡についた、ウロコ状の水垢を簡単に落とす方法を紹介します。

クエン酸水を使う方法

水100mlに対してクエン酸を小さじ1/2溶かし、クエン酸水を作りましょう。

クエン酸水を鏡全体にスプレーし、その上からペーパータオルでパックします。

汚れの程度によって30分から、汚れがひどい場合は半日ほど放置し、剥がしたペーパータオルで円を描くように拭き取って水で流してください。

最後に残った水分をしっかり拭き取って終了です。

新聞を使う方法

家庭にあるもので手軽に掃除する場合は、新聞が有効です。

新聞のインクには、鏡についた油汚れを落とす効果があります。

方法は簡単で、濡らした新聞で鏡を拭いた後に、乾いた新聞で乾拭きするだけです。

鏡の汚れだけでなく、曇りも取ることができますよ!

歯磨き粉を使った方法

頑固な水垢は、研磨効果のある歯磨き粉を使用して落としましょう。

ペーパータオルに適量の歯磨き粉を取り、ペーパータオル全体になじませます。

歯磨き粉をなじませたペーパータオルで鏡全体を磨きますが、力を込めすぎると傷になるので、優しく磨くように気をつけましょう。

最後に水で流し、水分をしっかり拭き取って終了です。

鏡についたウロコ状の汚れはなかなか取れない上に、鏡が白くなって使えなくなってしまいます。

しかし、意外と自宅にあるものでも掃除が可能なので、これを機会にぜひチャレンジしてみて下さい!

まとめ

お風呂場の水垢は、性質を理解することで意外と簡単に落とすことができます。

自宅にあるものを使ったり、専用グッズを活用して楽に掃除できる方法を取りましょう!

また、長らく放置していて頑固にこびりついてしまった汚れなどは、一度プロにお願いするのも一つの手です。

全ての汚れをプロの手でリセットしてもらい、その後は水垢が付かないよう日々予防しながら、定期的な掃除で常に綺麗なお風呂場を保つことができます。

また、お風呂場に限らず、水周りの全ての掃除で応用できるものもあるので、スキマ時間などを有効活用して、日々の暮らしが快適になると良いですね!