エアコン買い替え(新型)の時期は?メーカー別の種類や設置業者の選び方!

エアコン買い替え(新型)の時期は?メーカー別の種類や設置業者の選び方

エアコンの寿命はおよそ10年と言われています。

ただ、「そろそろ寿命かな?」と思っても、買い替えの時期を見定めるのって難しいですよね。

そこで今回は、エアコンを買い替えるタイミングや見極めるサインについてお伝えします!

メーカー別のおすすめのエアコンの種類や特徴、設置業者の選び方についてもお話ししているので、エアコンの買い替えで悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

新型エアコンに買い替える時期

エアコンを買い替える時期ですが、そもそもエアコンによって標準使用期間というものがあります。

標準使用期間は、大抵が室内機にシールで貼られています。

そこに「10年」と記入があれば、製造年から10年が標準使用期間となるのです。

メーカーのエアコン部品保有期間は、9~10年となっている場合があります。

ですから、それ以降にエアコンが故障してしまうと、直すのに必要な部品がない可能性があり、必然的に10年前後が寿命となりますね。

エアコンの買い替えを見極めるサイン

標準使用期間内であっても、エアコンの買い替えを検討するべきサインがあります。

①エアコンから異音がする

室内機や室外機から異音がする場合、ファンやコンプレッサーの故障の可能性があります。

特に室内機よりも、室外機は負荷がかかりやすいため、壊れやすいので要注意です。

②水漏れしている

室内機からの水漏れは、ドレンホースの詰まりや、掃除が行き届いていない場合に起こりやすくなります。

掃除して直れば問題ないですが、内部に結露が溜まって故障してしまっている場合は、高額な修理代がかかる場合があります。

また、室外機からの水漏れの場合は、ガス漏れが原因の場合がほとんどで、配管の劣化によって起こることが多いです。

③エアコンの操作不具合

エアコンの操作が効かなくなるのは、寿命が近いエアコンにおこりがちなトラブルです。

リモコン側の問題ではないことを確認し、冷房にしているのに暖房になる、風量調整ができないなどの不具合が起こる場合は、寿命が近いサインかもしれません。

④ブレーカーが落ちる

エアコンを使うとブレーカーが落ちるというのは、コンプレッサーの故障が原因の可能性があります。

エアコン内部で、ショートや漏電が起こっている可能性があり、最悪の場合は火災を起こしかねません。

購入から数年しか経っていないのに、こういった不具合が起こる場合は、一時的な不具合の場合もあります。

焦らず、エアコンのエラーサインが出ていないか確認し、室内機のコンセントを抜いてしばらく様子を見るなどしてみましょう。

エアコンを選ぶ!メーカー別のおすすめエアコンの種類と特徴

エアコンはメーカーによって、人気の種類やシリーズがあり、特徴もさまざまです。

特に人気のメーカーとして、

  • シャープ
  • ダイキン
  • 日立

などが挙げられます。

今回はこちらの3社に的を絞って、それぞれの種類や特徴を紹介します。

シャープ

シャープといえば「プラズマクラスター」を連想する方が多いのではないでしょうか。

プラズマクラスター搭載のエアコンは、本格的な空気清浄機の機能を搭載しています。

プラズマクラスターのみの運転も可能なので、エアコンを使わない季節も含めて、1年中お部屋の空気を綺麗に保ち、ダニやウイルスの付着臭も防ぎます。

シリーズによって、フィルターの自動お掃除機能が搭載されているので、掃除の手間が省かれ、フィルターが汚れないため省エネにも繋がります。

ダイキン

ダイキンといえば「うるるとさららシリーズ」が有名です。

ダイキンのエアコンは気流にこだわっており、サーキュレーターがなくても、部屋全体を一定温度に保てるよう工夫がされています。

また、暖房を使う際に気になる「乾燥」を防ぐ機能がついています。

水を補給しなくても、屋外の空気中から水分を取り込む技術が使われているので、手間がかからない「無給水加湿」も人気のひとつです。

日立

日立といえば「白くまくん」です。

日立のエアコンは、省エネ大賞を受賞しており、「暮らしAI」という技術が搭載されています。

画像・湿度・温度・もの・お部屋それぞれを、カメラで認識・把握し、室内にいる一人ひとりの在室時間を把握します。

また、体感温度の変化を予測し、自動で調節してくれることで省エネを実現しています。

エアコンの設置業者を選ぶ!

最近では、家電量販店ではなくネットで購入する人も増えています。

その原因として「価格が安く済む」ことが一番の理由ではないでしょうか?

家電量販店で購入すれば、そのまま設置まで行ってくれる場合がほとんどですが、ネットで買う場合は、自分で設置業者を探す必要があります。

設置業者を選ぶ際は、ここをポイントに選びましょう!

優良業者の特徴

エアコンの設置工事には、基本的に追加料金が発生します。

室外機の設置場所が屋根置きだったり、コンセント口が非対応であれば交換が必要になったりと、実際に見てから判明するものも多いからです。

そういった点を事前に説明してくれ、工事内容の料金の内訳についても明確に知らせてくれる業者を選ぶようにしましょう。

また、設置工事後の保証の内容も確認しておきましょう。

エアコンに不具合が起こり、それが施工不良によるものであれば、設置業者に保証の制度がない場合は、全て自己負担となってしまいます。

最低でも、1年は工事保証がある業者を選ぶのがおすすめです。

まとめ

エアコン買い替えのタイミングは、

  • 標準使用期間が近づいている
  • メーカーの部品保有期間が過ぎている
  • 買い替えサインが出ている

が目安になります。

新型エアコンを購入する際には、メーカーや種類によって得手不得手があることを理解して、希望に沿ったものを選びましょう。

また、費用を抑える為にネット購入する場合は、悪徳業者に当たらないようによく調べてからにしましょう!