たけしの家庭の医学 胸が痛い チクチク 原因画像4

9月26日のテレビ朝日「たけしの家庭の医学」で「謎の胸の痛み」について患者を救うセカンドオピニオンが紹介されました。

「謎の胸の痛み」って原因がわからず、「もしかしたら大きな病気なのでは?」と不安になりますよね。

そんな不安に、世界的な名医がセカンドオピニオンを教えてくれます。

今回は、病院でもなかなか解決しない原因不明の胸の痛みに対するセカンドオピニオンをご紹介します。

スポンサーリンク


急な「胸が痛い!」の原因とは?

たけしの家庭の医学 胸が痛い チクチク 原因画像3

痛みの原因は1つではないことが少なくありません。

実際に病院に「胸の痛み」で見てもらってもその7割以上が解決しないままなのだとか。

病院にいったのに症状が解決しないときほど残念なことはありません
番組内で紹介されていたケースは普段からちょっとした肩こりもちの方。

深夜の就寝中に、激痛が胸に走るように。
グサッと胸をさされるような痛みだそう。
これが毎晩つづくのです。

不安に思ったこの方は病院に行きます。

診断されたのは、「異形狭心症」
安静にしている就寝時などに胸が圧迫されることで痛みが生じるものだそうです。

飲酒、ストレスなどの生活習慣が原因とのことで、それ以来生活習慣に気を遣うようになったのですがいっこうに直る気配がない。

スポンサーリンク


胸の痛みを持つ患者さんへのセカンドオピニオンは?

たけしの家庭の医学 胸が痛い チクチク 原因画像2

胸の痛みを持つ患者さんへの名医のセカンドオピニオンのやり方についてご紹介します。

症状を詳しく聞く名医。
つぎに痛みの場所をききます。
「左。」
通常、狭心症は真ん中あたりが痛くなることが多いのだといいます。

さらに胸の痛み以外について聞きます。

息切れがないか、日中の様子はどうかなど。
押して痛いところはあるか
かゆいところはないか

あれこれと思い当たる病名をさまざまな質問で埋めていきます
そこでこの方が左の袖のボタンをとめられていない事実に気がつきます。

そしてついに、「症状がでる直前に肩こりはありませんでしたか?」のドンぴしゃ質問。

加齢でできる「首の骨のトゲ」
これが胸の痛みの原因だとわかったのです。

骨のトゲが神経を圧迫して締め付けてしまい、神経が通っている胸の痛みへとつながっていました。

左の指の神経の異常でボタンが留められていない
左胸の痛み
このふたつを結びつけて「首のトゲ」が原因だと突き止められたのです。
考えられるあらゆる病を想定した質問や、患者さんのちょっとした異変に対する着眼点の鋭さに圧倒されてしまいます。
ボブ

親身に患者に寄り添って痛みや悩みを解決しようとしてくれるお医者さんが「世界の名医」と呼ばれるって、患者としては安心しますね♪

スポンサーリンク


胸の痛みへのセカンドオピニオンにネットの反応は?

たけしの家庭の医学 胸が痛い チクチク 原因画像1

このような名医についてやセカンドオピニオンについて、ネットではどのような反応があったのでしょうか。

まとめ

たけしの家庭の医学 胸が痛い チクチク 原因画像5
いかがでしたでしょうか。

今回は「原因不明の胸の痛みに対するセカンドオピニオン」についてご紹介しました。

胸の痛みは病院にいっても解決することが少ないという衝撃の事実を知りました。。

今、胸に痛みをかかえている方は、セカンドオピニオンを受けるのもひとつ解決法になりそうですね。

ぜひ参考にしてみてください♪

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます