きょうの料理 レシピ お雑煮1

12月11日のNHK「きょうの料理」では、お正月レシピとして「お雑煮」の作り方が紹介されました。紹介してくれたのは料理研究家の土井善晴さん。
今回のお雑煮レシピは白みそで口当たりもまろやかなやさしいお雑煮です♪



スポンサーリンク


お雑煮

材料(2人分)

・丸餅・・・2コ
・大根・・・約3cm(きれいな丸になるように皮をむき、厚さ6~7mmに切る)
・にんじん・・・約4cm(きれいな丸になるように皮をむき、厚さ1㎝に切る)
・里芋・・・2コ(小ぶりなものを選び、面取りしながらきれいにむく)
・米のとぎ汁・・・適量
・鶏もも肉・・・60g(1人分3切れ程度になるように切る)
・みつば・・・4~6本(丸く結ぶ)
・昆布(10cm四方)・・・1枚
・白みそ・・・90g

OK

にんじんは、あれば「金時にんじん」がおすすめです。また大根は「梅花形」にむいてもOK!

作り方

12月31日ごろ(暮れ)の準備

  1. 大根、にんじんは鍋に入れてかぶるくらいの水を加え、中火にかけて柔らかくなるまで20分ほどゆでる。水にとり、水に浸したまま、冷蔵庫におく。

  2. 別の鍋に里芋を入れてかぶるくらいの米のとぎ汁を加え、中火で柔らかくなるまで20分ほどゆでる。水にとって洗い、水けをきって冷蔵庫におく。

  3. 昆布を水4カップに1時間以上浸し、昆布は取り出しておく。

お正月
  1. 上記③で作った昆布だし2カップを鍋に入れ、餅を加えて中火にかける。少しおいてから、にんじん、大根、里芋、鶏肉を入れ、餅が煮えて、材料に火が通っていれば、白みそを溶き入れる。野菜の芯まで熱くなるようにゆっくりと時間をかけて温めるのがポイント。

  2. お椀に、にんじん、大根を敷いて、餅をのせ、鶏肉を入れて、里芋、にんじん、大根を飾り、汁でサッと温めたみつばを添える。⑤の汁をたして完成!
OK

昆布だしの残り半量は、冷蔵庫で保存して、翌日のお雑煮などに使えます。

スポンサーリンク


おまけレシピ★黒豆と栗きんとん

きょうの料理 レシピ お雑煮1

12月11日の放送では、お正月レシピ「黒豆」と「栗きんとん」の作り方も紹介されています。
合わせてご覧ください♪レシピはこちら👇

まとめ

もうおせちのレシピを考える季節になりましたね!

わたしは祖母がおせちを一からつくる人だったので、大学生の頃に真似して作ったことがありました。結果は味付けがイマイチまとまらず・・・。とても苦戦しました(*_*;
ですがその分、おせちなどの日本の文化あるお料理はできるようになりたいと思い、この季節が来ると「お!いよいよ!」って思います。
おせち料理作ったことがない方もぜひチャレンジしてみてください(^^)

スポンサーリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

きょうの料理 レシピ お雑煮