むくみ 足 マッサージ5

冬は足先が冷え、むくみが気になる季節になりました。
特に立ち仕事や同じデスクで作業をする方は、帰りにパンプスがきつくなるという経験をしたことはないでしょうか。できればすぐに解消したいところですが、足(ふくらはぎ)のむくみをとる方法はたくさんあり、どれを信じて行えば良いか迷ってしまうこともありますよね。
そこで今回はテレビ東京「ソレダメ」で放送された、専門家の教える最新の足(ふくらはぎ)のむくみ解消方法をご紹介します。「第2の心臓」とも呼ばれるふくらはぎのむくみを解消すれば、足がスッキリするだけでなく、体調アップやダイエット効果も期待できますのでぜひ試してみてください♪

スポンサーリンク


むくみの原因6選

むくみ 足 マッサージ4

むくみといえば、「塩分過多」や「水分不足」などが原因として思い浮かびますが、具体的な原因とはどのようなものがあるのでしょう。
専門家・吉澤智子先生によると、原因は大きく分けて2種類あるようです。

1つは一過性のもの、もう1つはなんらかの身体の危険サインの可能性。

ここでは6つの具体例をご紹介します。

①長時間の起立状態

長い時間立っていると、重力により血液は足に溜まってしまいます。すると、静脈は圧が高くなってしまい、戻ってくる水分を受け入れることが難しくなってしまうのです。立ち仕事をしている方の足がむくみやすいのは、このような原因があるからです。

②運動不足による冷え性や血行不良

足の筋肉は収縮することにより血液を循環させるポンプの役目を果たします。運動不足によって足の筋肉が衰えると、そのポンプ機能が低下しまい足に水分が溜まりやすくなってしまうのです。

さらに、足先の毛細血管まで血液が潤滑に流れなくなり、冷え性や血行不良をともなうむくみが起こります。

③水分・塩分の摂り過ぎ

水分や塩分を採り過ぎることにより、血液中の水分が増えてしまいます。それにより余分な水分が留まりやすくなり、むくみの原因になります。

④下肢静脈瘤

静脈にある血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れることで血液が逆流し、血液が足に溜まってしまう血管の病気が原因でむくむことがあります。

悪化すると、溜まった血液により肌が黒ずんだり、湿疹やかゆみの元にもなります。

⑤肝臓の病気

血管内に水分を保持するアルブミンという成分があります。これは肝臓で作られるのですが、肝臓が弱っているときにはこの成分がうまく生成されなくなります。

そのため、動脈の水分が血管の外に出やすくなり、静脈では血管に水分が戻りにくい状態になってしまい、むくみを引き起こすことがあります。

⑥腎臓の病気

腎臓がなんらかの原因で弱っていると、身体の中の余分な水分を尿として排出できなくなり、むくみの原因になることがあります。

その他、血液を送り出す役目をしている心臓が弱っていて、むくみの原因になっていることもあります。

このように、むくみには本当にさまざまな原因が考えられるのです。普段と変わらない生活や立ち仕事などをしていないのに突然足のむくみに悩まされたり、慢性的なむくみが1週間以上続く場合には、内科など専門医による診断を仰ぎましょう。

そうでない場合には、血液の循環を促してあげるマッサージやツボ押し、足枕、足湯などのセルフケアが有効です。

水分・塩分を適量にすることや、運動不足解消のために簡単な運動を生活に取り入れることはできそうですね^^

間違っているむくみ解消法ベスト3

むくみ 足 マッサージ3

ソレダメでは、専門家北青山Dクリニックの阿保義久院長が間違った足のむくみ解消法を教えていました。
<間違ったむくみ解消法 第1位:マッサージ>



良く間違っていると言われるのがマッサージする・揉む方法。

世間では29パーセントの人が行っていました。


正しくは下から上に向かってマッサージ
動脈の血流は足先から心臓に向かって流れているからです。
上から下にマッサージをしているとむくみを促進してしまうので注意しましょう。

また揉むならふくらはぎよりも「土踏まず」を揉む方がむくみに効果的だといいます。

土踏まずには細かい血管が豊富にあり、血液がたくさんたまっているため、効率よく心臓に血液が送り出されるためです。

1日片足1分程度で効果が期待できるそうなので、むくみ解消のために揉むなら土踏まずを揉みましょう♪
<間違ったむくみ解消法 第2位:着圧ソックス>



着圧ソックスも注意が必要です。

世間では19パーセントの人が行っていました。
圧力が強ければ強いほど良いという訳ではないといいます。


圧力強めが良いのは立ち仕事の人。
デスクワークなどの座る状態の長い人は弱めの着圧ソックスが適しています。


座った状態の方が、足元にかかる負荷が小さいため、着圧ソックスの圧力が強いと血流を滞らせてしまい逆効果に。
着圧ソックスは自分の環境にあった強度のものを選びましょう♪

<間違ったむくみ解消法 第3位:足を上げて寝る>



足のむくみ解消法として「足をあげて寝る」という方法をとっている人も多くいました。

世間では17パーセントを占めています。

これも上げる高さが高すぎると注意が必要とのこと。
寝返りが打ちにくくなり、血液が滞留してしまい、むしろむくみの原因に。

おススメの高さは5~10センチ

ちょうど枕の上に足を置く程度がちょうどよく、寝返りも打てるとのことでした。

むくみ解消!予防方法2選

むくみ 足 マッサージ2

ソレダメで紹介された足のむくみを予防法は2つ。
<貧乏ゆすり>
1つはデスクワークでもできる「貧乏ゆすり」

見栄えは悪いのはさておき・・・
足を小刻みに動かすことでポンプ効果があり、血流や水分を心臓に押し上げることができるといいます。

その効果を51歳女性が検証したところ、検証前は32~33㎝だったところが、貧乏ゆすりを5分行ったことで31.5㎝に!

5分が難しければ30秒でも効果があるといいます。
また貧乏ゆすりはこむら返りの予防にもなるとのことなので、ぜひやってみたいですね♪

<足裏全面着地の歩き方>
もう1つのむくみ予防法は歩き方。

足裏全体で着地をするだけでよいそうです。


ほとんどの人は指先をそり上げてかかとから歩いてしまうのですが、これだとふくらはぎを伸ばす瞬間がないのでずっと緊張状態になってしまいポンプ機能が弱まり、むくみの原因になってしまいます。


足裏全体で着地すると、足の甲が伸び、ふくらはぎがゆるむことでポンプ機能が働き血流が良くなるため、むくみ予防に繋がるとのこと。また体の固い人がこの歩き方で10歩歩いただけで、ふくらはぎが伸び、前屈して手が床につくようになりました!

簡単むくみを解消!おすすめソックス

番組でも紹介されていた着圧ソックス。

仕事の疲れや家事・育児に時間をとられてしまい、なかなかマッサージなどを実践できないという方には寝る用着圧ソックスもおすすめです。

特にお勧めしたいのは「スラリスリム」という着圧ソックスなのですが、何を隠そうこの靴下締め付け強度がぜんぜん変わりません。

とは言え、きつすぎないのでかゆくなったり痛くなったりしないのがポイント高です。

スラリスリムの公式サイトで紹介されている人気のポイント5つはこちら。

  1. 分析された着圧構造⇒部位ごとの段階的な圧力で美脚サポート!
  2. ふくらはぎへの刺激⇒足先のひえなどポンプへの刺激でめぐりサポート!
  3. 女性の悩みパンパンへ⇒脚全体への適度な加圧で寝ている間に悩みをサポート!
  4. 太ももまでカバー⇒長めのサイズで太ももまで加圧サポート!
  5. ムレないオープントゥ⇒脚先が空いているのでお風呂上がりでもムレずに着用!
<使用方法>

履いて寝る

<色展開>
・ブラック
・パープル
・ピンク
計3色


気になる方はこちらからどうぞ⇒スラリスリム

ソレダメで紹介された過去のむくみ解消法

むくみ 足 マッサージ1

「ソレダメ」では過去にもむくみをとる方法が紹介されていました。

今回紹介された最新むくみ解消法と合わせ、まとめてご覧ください。

40~60代女性に人気!かんたん太極拳体操

タイチスタジオ銀座本店で行われている「太極拳」が40~60代女性に人気のようです。

その理由は“ゆっくり”なこと。


太極拳の独特な動きがむくみをとるのに効果てきめんなのだそうです。




<むくみ解消の太極拳体操のやり方>

1.弓を引くポーズ

効果:全身のむくみを解消
やり方:


①右手の指を曲げ、左手は親指と人差し指だけを伸ばします
この状態で胸の前で腕をクロスさせます
クロスさせた姿勢で息をゆっくり吸います

足は肩幅程度に開きましょう



②息を吸いながら左を向き、胸を開いて肩甲骨を寄せるようにし、弓を引くように左腕を伸ばします

この時左手を立てて手首を直角にするのがポイント

右手は弓を引くイメージで後ろに下げます
足は肩幅に開いたまま、息を吐きながら椅子に座るように深くしゃがみます

腰を下ろす時に背筋を伸ばし、上半身が地面に垂直になるのがポイント



③反対側も行い、左右2回ずつゆっくり上下させます
この時親指と人差し指を伸ばす手も反対の手にかえます

ポイント

血流がよくなり体がポカポカしてくるのだそうです!


2.馬のたてがみを撫でるポーズ
効果:下半身のむくみ解消
やり方:

①両足をそろえ、右足のつま先だけを45度ほど開き、ひざを少々ゆるめて曲げます
右足に体重をかけ、左足のかかとを前に出します



②1の姿勢から前後に体重移動をします

・前に移動する時→前に7割、後ろに3割ほどの体重をかけます
・後ろに移動する時→全体重を後ろにのせます

この時右腕を上にして胸の前でボールを抱えるように構え、前に移動すると同時に左手を前に広げます

息を吐きながら前へ、吸いながら後ろへ下がる、呼吸がポイント



③前後の体重移動を4回、左右行いましょう

ポイント

馬のたてがみをかきわけるようなイメージなので、「馬のたてがみを撫でるポーズ」と命名されたようです。
血流が良くなり、体のバランスも改善されるようです♪

まとめ

むくみ 足 マッサージ

いかがでしたでしょうか。

今回はソレダメで放送された「むくみをとる方法」についてご紹介しました。

冬は年末行事もあり、塩分摂取量が気になる季節ですよね。

しっかりとむくみを解消して、冬もむくみ知らずの体を手に入れましょう♪
参考になれば幸いです。