冷え性改善 食べ物 レシピ この差って何ですか4

冬になると、冷え性に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

手足の先がキンキンに冷えてしまうんですよね。

TBSの番組「この差って何ですか?」では、東京女子医科大学の市原淳弘教授の解説に基づき、冷え性改善の食べ物に「シナモン」が取り挙げられました。どうやら毛細血管を復活させる働きがあるよう。
そこで今回は「この差って何ですか?」に従い、シナモンのレシピや冷え性の原因、さらにシナモンの効能についてご紹介します。これで無理なく冷え性を改善しちゃいましょう!

スポンサーリンク


これで冷え性改善!冷え性の原因は毛細血管?

冷え性改善 食べ物 レシピ この差って何ですか3

実は冷え性の原因の1つが、“毛細血管のゴースト化”

“毛細血管のゴースト化”とは、あるはずの血管にまったく血がかよっていないという現象のことを言います。

毛細血管に血が通っていないと、温度が伝わらずに冷えてしまうため、冷え性になるのですね。

冷え性改善の食べ物!シナモンの効能とは?

冷え性改善 食べ物 レシピ この差って何ですか2

冷え性の原因が毛細血管に血液が流れなくなってしまうことだと分かったところで、おすすめな食べ物が「シナモン」

シナモンには、ダメになった毛細血管を修復してくれる働きがあります。

毛細血管の血行を促進することで、冷え性やむくみの改善に効果的なのです。

またシナモンには毛細血管の老化防止する働きがあり、女性の気になる【シミ、シワ、たるみ】の予防・改善効果や男性の悩みの種【ハゲ、抜け毛】の予防・改善効果も。その他に、ダイエットや高血圧にも効果的で、万能薬のような食べ物であることが分かります。
特にシナモンの効果を感じやすいのは、血管修復力が衰えてくる40代~と言われているのですが、現在は若者も食生活の乱れなどから、血管の老化が早い人も増えているため、年代問わずシナモンを摂っておくことをおすすめします

スポンサーリンク


冷え性改善の食べ物!シナモンを使った簡単レシピ

冷え性改善 食べ物 レシピ この差って何ですか1

冷え性改善のために必要とされているシナモンの量は、わずか「小さじ1杯(0.6g~3g)」

小さじ1杯のシナモンで毛細血管を復活させてくれるそうです。

そこでシナモンを摂るのにおすすめの簡単レシピをご紹介します。
<シナモン・カフェオレ>

冷え性改善 食べ物 レシピ この差って何ですか5

材料(1人分)
・牛乳・・・200cc
・砂糖・・・小さじ2
・シナモン・・・小さじ1
・インスタントコーヒー・・・小さじ2~

作り方
  1. 小鍋に牛乳と砂糖を入れ温める(レンジ600Wで1~1.5分もOK)
  2. インスタントコーヒーを入れて溶かす
  3. シナモンを入れて完成!
<シナモントースト>

材料(1人分)
・食パン・・・1枚
・シナモン・・・小さじ1
・砂糖・・・小さじ1
・マーガリン・・・適量

作り方
  1. シナモンと砂糖を混ぜる
  2. 食パンをトースターで焼き、焼けたらマーガリンを塗る
  3. マーガリンを塗ったトーストに、①をかけて完成!
シナモンがお手元にない方は通販もおすすめです。

まとめ

冷え性改善 食べ物 レシピ この差って何ですか

いかがでしたでしょうか。

今回は「冷え性改善の食べ物・シナモン」についてご紹介しました。

冬はじっとしていると、手足の末端がどんどん冷たくなってきますよね。

シナモンさえあれば徐々に冷え性の体質が改善していくという、簡単なのも良いところ。

これから徐々に生活に取り入れていってみてはいかがでしょうか。