日馬富士事件 真相は1

横綱・日馬富士の暴力事件が取り沙汰されていますね。

事件真相は酒の席にあるようですが当人たちの具体的な証言はまだありません。
まさかの横綱が逮捕されるという異例の事態もあるのか?とネットでは大騒ぎになっていますが、その真相とは。

そこで今回は「横綱・日馬富士のおこした暴力事件の真相」を深く掘り下げます。

はたして日馬富士の今後に待ち受ける事態とは?事件の真相は何か、見ていきましょう。

スポンサーリンク


日馬富士事件とは?

日馬富士事件 真相は3

横綱・日馬富士が、幕内力士・貴ノ岩をビール瓶で殴ったという暴行事件。

11月14日にニュースになりましたが、日馬富士の口から謝罪ばかりは聞かれるものの、事件の真相を語られることはありませんでした。

日馬富士事件 真相は2

事件が起こったのは先月10月下旬(10月26日)

ちょうど日馬富士は秋の巡業中のことです。
モンゴル人力士同士の宴会の席でお酒に酔った日馬富士が、後輩力士である幕内の貴ノ岩をビール瓶で殴りつけます。
この場には白鳳や鶴竜など横綱が計3名居合わせていたといいます。

1度や2度殴るのではなく、馬乗りになるような形で何度もビール瓶で殴ったという状況だったといいます。

発覚し報道されたのが11月14日と遅れた点もきになる事件です。

★11月20日追記


ビール瓶で殴ったかどうかについてはまだ確認できていないようです。
横綱・白鷗の証言によるとビール瓶で殴った事実はないとのことで、信ぴょう性が曖昧になっています。

日馬富士事件の原因

日馬富士事件 真相は11

なぜ横綱・日馬富士は幕内力士・貴ノ岩を宴会の席で殴りつけたのか。

今のところ分かっているのは、日馬富士が貴ノ岩の日々の態度についてご立腹だったこと。
おそらく「態度が悪い」ということではなさそうで、挨拶等の生活態度について注意をしていたといいます。

10月下旬の宴会の席で日馬富士が貴ノ岩の生活態度を注意していたところ、貴ノ岩のケータイ電話がなり、触ろうとしたことに激高したのがきっかけのようです。
確かに先輩から注意されているときにケータイをいじろうとしたのが本当であれば、怒る気もしますが、殴るのがやりすぎであることは言うまでもありません・・・

※この記事は11月15日時点の記事です


日馬富士 事件真相5

また同じモンゴル出身力士ということもあり、相撲界の中でも部屋は違えど交流は濃かったのではとも考えられますね。

日馬富士事件の裏側

日馬富士事件 真相は7

本事件の報道が遅れたことを疑問に思った方も多くいたのではないでしょうか。

これにはいくつかの憶測が上がっていますが、本記事では2つご紹介します。

1つは、日馬富士が多くの関係者に貴ノ岩関の治療費などを相談していたから。

もう1つは、水面下で伊勢ヶ濱部屋と貴乃花部屋で話し合いが行われていたから。

いずれは今回のように明るみに出る事実であろうと思われたため、隠し通すことはせず、時期を見て公表した形でしょうか。

日馬富士事件発覚までの流れ

日馬富士事件 真相は

暴行から時間がたっての発覚でしたが、暴行事実が確認されるまでの流れはどのようになっていたのでしょう。

以下は日テレ系「スッキリ!」放送内容を参照しています。

時期 内容
10月26日未明 日馬富士が貴ノ岩に暴行
10月26日午前 鳥取巡業→日馬富士と貴ノ岩が参加
10月29日 貴乃花親方が被害届を提出
11月5日~11月9日 貴ノ岩が入院
11月12日 貴ノ岩が休場届を提出
11月14日
暴行発覚
日本相撲協会が「暴行の事実を確認」
日馬富士が休場届を提出

日馬富士は気性が荒い

日馬富士事件 真相は8

日馬富士は伊勢ケ浜部屋に所属する横綱力士。

本名はダワーニャム・ビャンバドルジさん。
体が小さいにも関わらず、大きな体の力士たちを次々と倒し、小柄ながら人一倍の努力家力士として有名です。熱心で相撲に熱い男という印象が強いようです。

そんな彼が今回の事件をおこしてしまった訳で、視聴者としてはどんな人だったのかと気になりますよね。
専門家が言うには、日馬富士には以前からそのような気性の荒い性格があったといいます。

というのも、練習稽古中に倒した相手をもう一度土俵に戻してもう一度アタックしていくなどして、親方から注意された過去があるのだとか。

それだけでなく事件当日も貴ノ岩の生活態度について、先輩力士である鶴竜(かくりゅう)に対して「お前がしっかり指導しないからだ」などと怒りをあらわに。

またビール瓶で殴りかかる日馬富士を止めようとした白鳳を付き飛ばしたともいわれています。

また一部では酒癖が悪いとの声もあるよう。
日馬富士は元来、元横綱の朝青龍をとても尊敬していたそうです。

くしくも朝青龍も暴力沙汰で相撲界を後にした力士でありますが、そんなあこがれ先輩力士との影響もあるのでしょうか。

まだまだ原因については不透明なところが多い現状です。

スポンサーリンク


幕内・貴ノ岩は“角界のエリート”

東前頭(幕内)の貴ノ岩関は貴乃花部屋の力士でモンゴル出身。本名はアディヤ・バーサンドルジさん。

27歳と若く、16歳でモンゴルから来日し、相撲の名門校「鳥取城北高校」に相撲留学。
2008年には、世界ジュニア選手権で準優勝するなど、“角界のエリート”ととも言える存在です。

性格は努力家で稽古熱心な力士というイメージがあるようです。

日馬富士と似ていますね。表情を変えずにもくもくと地道な稽古をこなす力士と言います。

幕の下になるまでの成長は目覚ましく期待されていましたが、一時ケガにより休場をし、番付を落してた過去がありますが、そこからコツコツと努力をし稽古を続けた結果、5年で「幕内」へと上り詰めているところからも、その性格がうかがえる気もしますね。

スポンサーリンク


幕内・貴ノ岩の症状

日馬富士事件 真相は9

この暴力事件により、現在貴ノ岩は以下の状態です。

  • 相撲:九州場所を休場
  • 全治:2週間
  • 症状:脳振とう/左前頭部裂傷/右外耳道炎/右中頭蓋底骨折/髄液漏の疑い
  • 入院期間:11月5日~9日
  • 病院:福岡市内の病院
  • 貴ノ岩の親方である貴乃花親方は、症状について「診断書に書いてある通り。本人の体調が悪いということ」と説明するまでで詳しいことについては言及していません。
    貴ノ岩もケガをしていた当初、貴乃花親方に対し「転んでけがをした」とケガの事実を明かしていなかったといいます。
    現在のところ貴ノ岩の九州場所への再出場は厳しいとみられており、来年1月にある初場所は十両に落ちてしまうとの見通しも。

    日馬富士事件による日馬富士の今後は?逮捕か?


    日馬富士事件 真相は10

    現在までのところ、日馬富士は暴行の事実を認め謝罪しています。

    そして九州場所への休場届を提出しており、九州場所3日目からファンの前に姿を現すことはないよう。

    ネットでは逮捕の可能性もあるとの声が聞かれますが、報道では「引退の可能性」に言及する専門家が多いようです。
    後輩力士とは言え、日馬富士はプロのスポーツマンの番付降下をもたらしてしまった張本人。

    また実力の上ではもちろん、イメージや環境整備の面、広告塔としても相撲界を支えなければいけない「横綱」という立場です。
    今回の暴力沙汰は、今後なにかしらの処分が下されると思われます。

    専門家によると、「解雇処分」「引退」の2択ではないかと。
    また引退の場合は、日馬富士自らが「引退表明」をするものとみる声もあるようです。

    今後の相撲界の対策

    日馬富士事件 真相は11

    スッキリにコメンテーターとして出演した大見さんによると、今後の相撲界の取るべき対策は以下の通りです。

  • 相撲協会は新たな対策を出すしかない
  • 力士や親方に「暴力は絶対にダメ」という研修を徹底する。
  • 相撲協会は暴力について、以前の朝青龍の一件以来目を光らせてきたといいますが、横綱の元でこのような事態が起こってしまったことは残念ですね。。

    まだ当人同士にわだかまり等、メディアに露出していない事実があるのかもしれませんが、確認されている事実は前代未聞の大ごとですね。

    スポンサーリンク


    まとめ

    日馬富士事件 真相は6

    いかがでしたでしょうか。

    今回は「横綱・日馬富士事件の真相」についてご紹介しました。

    まだ真相がわからないことも多いですが、相撲界の暴力沙汰について改めて考える機会になりそうです。

    見えないところで強い上下関係が故の暴力は当たり前になってしまっているのでしょうか。

    練習を真面目にしている力士たちのためにも横綱という立場に立った力士は、振る舞いに一層注意してもらいたいものです。
    ★11月20日追記


    この記事は11月15日執筆、11月20日追記の記事です。事件の事実が当初から変わっている場合もあります。
    最新の詳しい情報については各メディアを合わせてご参考ください。