がっちりマンデー 社内コンテスト3

12月10日のTBS「がっちりマンデー!!」では、「社内コンテスト」でがっちり!な内容が放送されました。
特に社内コンテストNo.1の社員がもたらす社内への貢献度は、やっぱりすごかったです・・・!

今回はがっちりマンデーの「社内コンテスト」についてご紹介します♪

スポンサーリンク


社内コンテストをやる意味

がっちりマンデー 社内コンテスト2

そもそも社内コンテストをやる意味ってわかるような、わからないようなところがありますよね。
経済評論家・森永卓郎さんによると、社内コンテストを行う意味はしっかりあるそうで、「その会社の価値観が全社員に伝わる」という大事な役割を担っているといいます。
この放送では、社内コンテストを行っている有名企業3社(アデランス・タイトー・カゴメ)を例に、社内コンテストの実態を深堀しました。

社内コンテスト

がっちりマンデー 社内コンテスト1

アデランス

会社

取材
取材先:フォンテーヌ(アデランス・女性用ウィッグの専門店)
案内人:アデランス代表取締役社長・津村佳宏さん

アデランス全国技術競技大会

フォンテーヌではウィッグをお客さんに合わせてカット・調整する技術が必要になります。お客さんが選んだ好みの髪型にカットやスタイリングでお客さん仕様にアレンジする、技術力を高めるため1980年から開催されています。

開催理由

コンテストをすることでそこを目指す社員も増えてきますから、社内コンテストは重要なテーマ。


メダル

社内コンテストNo.1
丸山由理さん
他の社員の方に比べて、アレンジしたウイッグのボリュームが大きいのが勝因。
自然なボリューム感で人気なのだそうです。


貯金箱

がっちり!
社内コンテストで優勝した噂が広まり、もともと人気だった丸山さんに、さらに予約が殺到。中国エリアの来客数が前年比で3割アップし、社長も「今後は丸山さんをどんどん増やしていきたい」とコメントしています。

タイトー

会社

取材
取材先:タイトーステーション(海老名ビナウォーク店)
案内人:タイトー運営支援部・上野紗矢香さん

接客スタァ誕生コンテスト

接客力No.1を決めるコンテスト。
約3000人から予選を勝ち抜いたスタッフ達が集結し、「お客さんへの対応」「ゲーム機の扱い方」などで競います。


メダル

社内コンテストNo.1
延足慎伍さん(2008年大会優勝)
他の社員に比べて、クレーンゲームを扱うテクニックが優れていたのが勝因。ゲームセンターでクレーンゲームとは利益率が高く大きな収益源。程よい回数でゲットさせる景品の置き方ができ、スタァはお店の設定した数字になるべく近づけた置き方ができるのだといいます。


イイネ!

がっちり!
タイトーステーション海老名店は2年前に延足さんが赴任したことで全国150店舗中売上TOP10にランクイン!もともとアルバイトだった延足さんを正社員に起用するなど、社員のモチベーションアップにもつながっている。

スポンサーリンク


カゴメ

会社


取材
取材先:カゴメ東京支社(東京・日本橋)
案内人:カゴメ(株)経営企画本部・榎木彩乃さん

オムライス検定(通称:オム検

オムライスに関する知識が調理技術を競い合うコンテスト。
なぜオムライスかといえば、カゴメの主力商品でもあるトマトケチャップをたくさん使うメニューだから。

開催理由

ケチャップは基礎調味料で爆発的な消費拡大は難しい商品のため、オムライスが得意な社員を増やすことによっておいしいオムライスを広め、トマトケチャップの消費量を徐々にアップすることを目指す狙い。また社員の昇給ポイントにオムライス検定が含まれており、お給料に反映される仕組みになっている。

3級→2級合格への道

社員の7割が3級以上を取得しているというオム検。
3級合格ラインは【1人でオムライスを形にできる】。2級への昇給条件は【オムライスに関する筆記テスト&レポート作成】さらにオムライスの審査も厳しくなり、焼き色・全体の形・たまごの穴なども見られます。合格率は約4割のハードル。

メダル

社内コンテストNo.1
カゴメ(株)営業推進部・太田真衣さん
2621人中7人しかいないというオム検1級。他の社員に比べて、見た目の形が抜群にうつくしく、焼き色もムラがなく黄色一色。


ドル袋

がっちり!
現在はオムライス自慢の外食店を集めNo.1を決定する全国大会「オムライススタジアム」も開催し、そのすそ野は拡がっています。オムライス検定を実施した2010年から昨年までの6年間で売上げが13%アップ・約13億円の拡大に!

スポンサーリンク


がっちりマンデーが過去3年間で取り上げた「凄い会社40社」

がっちりマンデーで過去約3年間に取り上げた企業から厳選された40社を紹介する書籍があります。

ちょっとしたアイデアをビジネスに発展させ、大胆に実行して成功した儲かっている会社ばかりなので、気になる方はチェックしてみてください♪👇

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はがっちりマンデーの「社内コンテストでがっちり!」についてご紹介しました。

社内コンテストってイベント感があって社員の結束力があがる上に、ちゃんと経済効果もあってすごいシステムなんですね。ぜひ参考にしてみてください♪

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

がっちりマンデー 社内コンテスト