人間関係 断捨離 方法4

人間関係に疲れてしまうことはありませんか?

職場の人間関係やお子さんつながりでなかなか無下にできないママ友関係、また友達との複雑な人間関係。

ちょっとしたことをきっかけにして人間関係が難しくなることもあれば、初めての人間関係作りが面倒と感じるなど、さまざまな人間関係の悩みがあると思います。

私も悩むことがありますが、これと言って答えがなく、結局不安定な人間関係を続けて疲れてしまうんですよね^^;

最近は本当に大切な人との関係だけを濃くしていけば良いという「人間関係の断捨離」という考えがあります。一度きりの人生、できることなら疲れる人間関係はなくしてしまいたいと思う方も多いかもしれません。
そこで今回は「人間関係の断捨離」についてご紹介します。

職場からママ友、友達の人間関係別に断捨離方法をご紹介しますので、ぜひみなさまの人付き合いの参考にしてみてください。

スポンサーリンク


心の断捨離をする方法

人間関係 断捨離 方法6

モノではなく心の断捨離をするときは、次のような質問を自分に投げかけてみてください。

  1. 最悪のことは何か?
  2. 10年後、必要か?
この2つは自分の心を整理するのに究極の質問と言われています。

「こうだったらいいのにな」「これもこれも実現したい!」など良いものや良い状態を考え始めると答えにきりがなくなってしまいます。

1つ目の質問は「絶対に嫌な状態」「最悪のこと」を考えることで、そうならないための答えが出てきます。2つ目の質問は「10年経っても必要なものか、存在か、付き合っていたいか」を問うイエス・ノー・クエスチョンのため、答えがシンプルに出るようになります。
しかしノーだからすぐに人間関係を断つ!ということではありません。

自分の中で「この人とはそこまで頑張って付き合わなくて良いんだ」とわかることで、程よい距離感で付き合っていればOKと思い気が楽になります。

人間関係の断捨離方法【職場編】

人間関係 断捨離 方法3

会社に行っていると毎日会う上司や同期、後輩社員。

仕事という成果や実績を求められる場所だからこそ、人間関係作りに慎重になるという方も多いと思います。

実際に会社を辞めたい理由ナンバーワンが人間関係という調査結果もあります。

ここではそんな職場での人間関係の断捨離方法をご紹介します。(参照:ELLE

<付き合い方>

・会話の内容にプライベート情報はあまりいれない
プライベート情報をあまり話さな過ぎても、仕事場で孤立してしまう可能性があり、仕事のパフォーマンスにも影響が出てしまう可能性があります。
賛否両論の話題やドラマや芸能人の好き嫌いについてなど、知られて問題のないことは場を和ませることにも役立つので話すと良いです。

・グチばかり言う同僚との付き合いはほどほどに

こういった人との付き合いは適度な距離感で行いましょう。
決して話の内容に加担しないことが肝心です。

<SNS>

・職場の人とSNS友達にはならないことを徹底する
最近では仕事でSNSを活用している会社もあるので、完全にSNS上で友達になることを拒否できない人もいるかもしれません。
その場合、仕事上のSNSは職場の延長と割り切り、仕事に必要なコミュニケーションレベルで付き合いましょう。

仕事以外の目的でのSNS友達申請は、徹底して断ることで、逆にプライベートと仕事をきっちりと分けるメリハリのある人という印象を与えることができる場合もあります。
とはいえ、なかなか断ることもためらわれる場合もあると思いますので、そのときはSNSの「設定」→「公開情報」を職場関係の人と友達とで分け、仕事とプライベートを分けてみるのも良いかもしれません。
・転職後は前職の人たちの連絡先を削除する

転職後はすっぱりと前職の人たちの連絡先を消してしまうと、今の人間関係や新しい人間関係に集中しやすくなるといいます。

万が一、連絡を取らなければいけない状況になっても、ネットや職場に連絡をするなどすれば解決する場合が多いでしょう。
過去のスッキリしない人間関係を引きずり、晴れない気分になっていては転職した意味も半減してしまうかもしれません。

ここは思い切って消してみても意外と何とかなるものです。

また以下は断捨離トレーナーとして活躍する檀葉子さんおススメの職場での気持ちの整理方法です。こちらもぜひ参考にしてみてください。

  1. 職場は学びの場。気遣いではなく、コミュニケーションのひとつととらえよう
  2. 「申し訳ない」はやめる。スキルを磨き、日々の仕事を精一杯こなそう
  3. 同僚へのサポートも忘れずに。お互いさま精神で付き合おう

人間関係の断捨離方法【ママ友編】

人間関係 断捨離 方法2

ママ友同士の人間関係に悩む方も多いと思います。

もともと友人関係だったわけではなく、職場の付き合いでもないママ友は一番人間関係に悩むかもしれません。

ママ友は、「会社員」「専業主婦」など生活スタイルが異なることは当たり前にあります。

しかし小学校のPTAやその他子ども関係の付き合いでうまく役割分担をしなければならないため、合う人合わない人が出てくるのはしょうがなことかもしれないですよね。

すべての人に同じように良い顔をしなければ!と思うのではなく、自分と合うママ友を見つけるだけでOKと割り切ってしまうと楽です。
また以下は断捨離トレーナー檀葉子さんおススメのママ友の人間関係における気持ちの整理方法です。

  1. ネットやテレビなどの「こうしてはダメ」という情報に惑わされていないか考えよう
  2. 「全ての人にいい顔はできない」というスタンスを持つ
  3. 相手は自分が本当に好きな人なのか、自分に問いかけよう

スポンサーリンク


人間関係の断捨離方法【友達】

人間関係 断捨離 方法1

友達との人間関係を断捨離するというのは、タイミングの難しさや相手はどう思っているかなど、悩んでしまうかもしれません。

しかし「断捨離」は友人関係を完全に断つということではなく、自分にとって大切か・ふさわしい相手かどうかを考える作業を考えれば良いそうです。

もしあまり長く関係を続けたくないという友達がいるなら、「気を遣いすぎない」「合わせすぎない」など、もっと自分を出してみるきっかけにするのがおすすめです。
崩れるような人間関係なのかどうかを考える機会にできるのかな、と思います。

私はこの考え方をするようになってから、逆に友人関係が以前以上に濃いものになったことがあり、どっちに転んでも結果は自分にとって良い人間関係が残ると思います。友達との関係をもっとリラックスして考える機会にしてみてはどうでしょうか。
以下は断捨離トレーナー檀葉子さんのおススメの気持ちの整理方法です。

  1. 今の自分にとって、どの場が大事(必要)なのか
  2. 今の自分を高めてくれるか。欲求を満たしてくれるのにふさわしいか
  3. 今の自分が、その場やその人を好きと思えるかどうか

スポンサーリンク


人間関係の断捨離を考える方におススメの図書

人間関係 断捨離 方法7

人間関係の断捨離について考えている方におススメの本をご紹介します。
毎日の人間関係の中で気にすることが多く疲れてしまうという方にぜひ読んで頂きたい本です。

私の勤めていた会社では、読書制度のようなものがあったのですが、必読本として指定図書になっていたものです。

心がふっと軽くなるような、心理学者アドラーの言葉を少しご紹介します。


  • 人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生はきわめてシンプルである。
  • 楽観的であれ。過去を悔やむのではなく、未来を不安視するのでもなく、今現在の「ここ」だけを見るのだ。
  • どのように感じるかはあなた次第だ
  • 「自分は役立っている」と実感するのに、相手から感謝されることや、ほめられることは不要である。貢献感は「自己満足」でいいのだ。

まとめ

人間関係 断捨離 方法

いかがでしたでしょうか。

今回は「人間関係の断捨離方法」についてご紹介しました。

自分の周りにいる人を“断捨離”することに最初は抵抗があるかもしれませんが、これを機に自分にとってどんな存在なのか、一緒にいることでプラスの何かを得ることや感じたりすることはあるのかなど、今一度考えてみるのも良いかもしれません。
なかなか心の優しい方は、自分を後まわしにしてしまい、他人のことを中心に考えてしまい、気疲れしてしまう方も多いと思います。
それが心地よければ良いと思うのですが、自分を犠牲にして相手に合わせている、または自分を傷つけて苦しくなっている、本当なら相手との関係を終わらせたい、などの考えがある方は無理のない範囲で人間関係の断捨離を検討してみてくださいね。