バストアップって女性にとってはあこがれですよね。

また年を重ねるにつれてあきらめてしまうのですが、テレビ東京の「ソレダメ」で簡単にバストアップできる「おっぱい体操・乳トレ」なるものを紹介していました。

この「おっぱい体操」のすごいところは、小顔効果や肩こり・腰痛にも効果があるところ!

なので男性にもおすすめな体操です♪

今回はソレダメで紹介されていた「おっぱい体操」についてまとめてご紹介します。

スポンサーリンク


おっぱい体操とは?効果は?

おっぱい体操は「乳トレ」と呼ばれ、整体師の浅井麗華さんが提唱したバストアップ方法。
浅井さんは有名女優の整体師として活躍しているなど、現在新規予約4年待ちという日本一予約の取れない整体師さんで、乳トレを細かく教えてくれる本は発売3ヵ月で8万部のヒットというすごい方!
乳トレのすごいところは、胸を揉むことで肩こりの解消や腰痛の解消にもつながること。

良い姿勢も取りやすくなるといいます。

1日5分だけでできてしまう簡単バストアップ法ですのでさっそくやり方を見てみましょう!

スポンサーリンク


筋肉のコリのチェック方法

おっぱい体操・乳トレの前に筋肉のコリをチェックします。

  1. 左手をケータイを片手で持つときのように、人差し指~小指は揃え、親指は折らず手前側に
  2. 4本指の先を脇の真ん中にさす
  3. 脇の前あたりを強くつかむ
痛いのはコリがある証拠とのこと。

ここが乳トレをすることで柔らかくなります。

簡単バストアップ法!おっぱい体操のやり方

腰痛改善の乳トレ

肋骨(ろっこつ)の筋肉をほぐすことで腰痛改善につながる乳トレです。

  1. 右の胸を左手で中央に寄せる
  2. 握った指の第2関節をわき下へ縦に当てる
  3. 筋肉に当てながら胸にスライドさせる
  4. これを1日左右5セット行う
ポニテ

痛ければ凝っている証拠だそうです

肋骨の筋肉が固くなると周囲の筋肉も硬い可能性が高く、これが腰痛の原因になるのだといいます。

乳トレをして肋骨の筋肉をほぐすことで腰痛改善をするんですね!

肩こり改善の乳トレ

大胸筋をくるくるほぐすことで血液循環を良くし、肩こり改善につながる乳トレです。

  1. 片方の腕で胸を支え、大胸筋を内側から外側へまわす
  2. 5回まわした後脇下のリンパ節まで流す
  3. 1日左右1分行う
大胸筋が硬くなると巻き肩になり周囲の血流が悪くなります。

肋骨の筋肉がほぐれると血液循環が良くなるのでポカポカするのが特徴です。

ポニテ

体験した芸能人も、「肩がまわる!」「柔らかくなりました!」などと大絶賛でした。

一人でも簡単にできる乳トレ

脇をほぐすことで肩こりも改善される乳トレです。

  1. 親指以外の4本の指を脇の中心に刺す
  2. しっかりと脇下をつかむ
  3. 腕を伸ばしながらゆっくり回す
  4. これを前後5回行う
脇の下は血液・リンパ液の循環をつかさどる大事な場所なので、ほぐすことで肩こり改善効果があるのだとか。

血液循環がよくなりポカポカします。

また驚きなのは、体操後、体操した側の目が上がっていたこと!

顔があがり小顔効果もある乳トレです。

スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は簡単バストアップ法の「おっぱい体操」についてご紹介しました。

バストアップだけでなく、肩こりや腰痛に聞くなんて夢のようです。

やっぱり血流って大事なんですね。
これからすきま時間に取り入れてみたいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。