乳ガン検診 20代 どこ画像4

乳ガン検診は20代から受けておくと安心だと聞きますよね。

しかし自治体のたよりを見ても、20代が乳がん検診を受けられる病院がどこなのか、情報が乏しい状態・・・。

どこで受診したら良いの?
何科行ったら良いの?
受診前に準備しておくと良いことは?
など、さまざまな疑問が浮かんでしまいますよね。

そこで今回は、20代が乳がん検診を受ける方法や場所、検診までのながれなどをまとめてご紹介します。

スポンサーリンク


乳ガン検診・20代はどこで受ける?

乳がん検診をする場合、確認しなければならないことがあります。

現在、就業している?就業していない?

現在就業しているか、そうでないかで検診を受ける場所は変わります。

ご自身の現在の状態にあった項目を読んでください。

現在就業している方へ

乳ガン検診 20代 どこ画像5

現在就業している方は、会社の健康保険に加入しているか・未加入かをご確認ください。
(就業先の)健康保険に加入している場合の検診までのながれ
健康保険組合へ問い合わせ。事務担当者に乳がん検診の資料を送ってもらう。


病院一覧が送られてくる

行きやすい場所と時間を選ぶ

【検診日】病院へ書類を持って行く

ボブ

もしくはいつも会社で健康診断を受ける病院が決まっていれば、そこで乳がん検診も行っているかを確認し、行っていれば「通常の健康診断に乳がん検診も追加したい」と伝えるとはやいですね♪

Check!

※健康保険に加入していると費用が軽くなる場合が多いです
※予約状況によっては予定時間の30分前に来るよう言われることや、希望日に空きがないこともあるので早めに連絡をしましょう

オススメ情報
かんたんに乳がん検診が受けられる施設を探すならここをぜひご参照ください♪
J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)
(就業先の)健康保険に加入していない場合の検診までのながれ(国民健康保険には加入済)
★自治体が行っている住民検診を受ける

お住まいの自治体(役所)の健康保険担当課に乳がん検診について問い合わせ。

自治体検診の場合、保健センターなどの施設に都道府県が所有する「検診車」が来て受診することが多い

Check!

※お住まいの地域に割当てられた日があるので、その日程から都合が良い日を予約
※自治体検診は費用を一部負担もしくは全額負担してくれる場合もあります

現在就業していない方へ

現在就業していない方は、結婚しているか、そうでないかで検診場所が変わります。

ご自身のあてはまる項目をお読みください。

結婚している(主婦)
・ご主人が勤務先で健康保険に加入している

その健康保険組合に「主婦を対象とした検診」があるか確認

・ご主人が勤務先で健康保険に加入していない

★自治体が行っている住民検診を受ける

自治体の住民検診のながれは、「(就業先の)健康保険に加入していない場合の検診までのながれ(国民健康保険には加入済)」をご確認ください
未婚

・国民健康保険に加入している
★自治体が行っている住民検診を受ける

自治体の住民検診のながれは、「(就業先の)健康保険に加入していない場合の検診までのながれ(国民健康保険には加入済)」をご確認ください

 

・国民健康保険に加入していない

インターネットや役所の情報誌などで、乳がん検診を受けられる病院(施設)をさがして問い合わせ。

Check!

※国民健康保険は、役所に行けばかんたんな手続きで加入できます
加入しておくことで、今後の医療費を軽くすることもできるので加入をオススメします

オススメ情報
乳がん検診が受けられる施設を探すならここをチェック!
J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)

スポンサーリンク


乳ガン検診・20代は何科を受診すれば良いの?

乳ガン検診 20代 どこ画像3

女性の胸のことなのでなんとなく「婦人科」で受けるものだと思ってしまいます。

しかし実は、乳がん検診を行っているのは「外科」もしくは「乳腺外科」なんです。

どうして「外科」なのでしょう。
これは、万が一乳がんが見つかった場合に、治療方法が外科的なものになるからなのです。

悪性の腫瘍を摘出しますよー、などとなった場合に、婦人科では手術ができません。
外科的な手術が必要になるために、乳がん検診は外科の分野になるんですね。

とはいうものの、各病院や施設に乳がん検診の予約や問い合わせをすると思うので、そのときに案内された科で受診すれば安心です。
ポイント

あまり深く「○科なんだろう?」とかんがえなくても、プロが案内してくれるのでそれに身を任せてしまいましょう。

スポンサーリンク


乳ガン検診前に準備しておくと良いことは?

乳ガン検診 20代 どこ画像2

各自治体で検診をする場合や、ご自身で検診施設をさがして予約する場合。

割引クーポンなどを案内している場合があります。

費用を少しでも軽くして検診をうけたい場合は、こまめにクーポン情報をチェックしておくことで通常よりお安く受診できます

まとめ

乳ガン検診 20代 どこ画像1

いかがでしたでしょうか。

20代から乳がん検診を意識しておくことはとても大切なことですよね。

とはいうものの、若い女性の乳がん検診についてはプロの医者の中でも賛否がわかれるようです。

ご自分の状況を今一度見直してから検診について考えてみてください。
ご家族の中に「乳がん」を経験された方がいる場合は、20代から受診すると安心かも知れませんね。

自分の胸をみたり、さわったりして異変に気がつくことも大切なことなので、そんなことから乳がん予防をしていくのも良さそうです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます